皆さん、こんにちは!

工学部機械知能航空工学科3年の丹野壮一郎です。

  

オンラインの大学生活が続いていますね~

みんなはどこで授業を受けていますか?

「まだ実家にいるよ!」

「一人暮らし始めたよ!」

大体この2択でしょうか?

 

ちなみに僕は実家です。

というか、そもそも仙台出身なのでずっと実家です(笑)

 

ということで今回は僕の地元、多くのみんなにとっては第二のふるさとになる仙台について紹介します!

 

地元を紹介する機会、大学では結構あります!

自分の地元も振り返りながら、比較して読むと一石二鳥です!

 

 

 

それでは見ていきましょ~

仙台の街

 

仙台の特徴を一言で表すと、コンパクトシティ

中心部はビルが建ち並び東北のニューヨークなんて呼ぶ人もいるとかいないとか笑。まあそのくらい都会だよってことですね。

それでいながら少し離れるとのどかな田園風景が広がり、海や山などの自然も豊かです。

 

市の人口は約109万人。(ニューヨーク市約840万人 さすがにかなわないですが…)

仙台駅は8路線が乗り入れる巨大ターミナル駅です。

最近どんどんおしゃれになってます(☆。☆)

 

駅前から1キロ以上も続くアーケード街にはオシャレなショップから風情漂うお店まで所狭しと並んでいて、仙台の賑わいの中心です。

 

一方、川内キャンパスは青葉山の麓にあり自然が豊かです(熊や狸もいます)。

大学の近くには広瀬川が流れていて、東北大生は河原でBBQや芋煮会を楽しみます!

 

 

 

 

まだまだ魅力はいっぱいです!

ぜひ皆さんなりの魅力、探してみてください!

 

続いては

仙台の気候

 

これから数年間住むところなので気候は大事です。

でも、安心してください。仙台は住みやすい街です。地元愛だけではありません。根拠ありです!

仙台は真夏日と真冬日の合計日数が、他の主要都市と比べて非常に少ないんです。暑すぎず寒すぎずちょうどいいってことですね。

 

それでは詳しく見てみましょう!

 

まずは夏から!

まず、梅雨が長いです…。梅雨明け発表なし!なんて年もあるくらいです。絶賛梅雨真っ只中ですが、布団のカビには注意です⚠

無事に梅雨が明けると暑さがやってきます。昨年は最高気温36.1℃を記録しました。

とは言っても、8月の最高気温の平均は30℃。真夏日にならない日もあるのでちょっと我慢すれば、程よく夏を満喫できます♪

 

続いて冬です。

東北としては比較的暖かいみたいですが、まあ寒いです。東北、北海道以外の方は大変かもしれません。冬服はしっかり揃えてくださいね。

ただ、積雪は少ないので雪で苦労することは少ないです。

 

童心に返って雪で遊ぶにはちょうどいいくらい!

少し足を伸ばせばスキー場もあるので、友達同士でスキーに行くこともあります。

 

最後に春と秋です。

春は風が強いです。秋は日暮れが早いと感じるかもしれません。

でも、そんなマイナス面を上回る美しい桜や紅葉があります。

大学内でも顔を上げれば、そこには色とりどりの木々が広がります!

 

おまけ

宮城の食べ物を紹介します!

 

皆さんどんなものが思い浮かびますか?

 

牛タン、笹かま、ずんだ、牡蠣などが有名ですね。受験で来たときに食べたって人もいますかね。まだだよーって人は是非食べてみてくださいね!

 

今回は宮城県と北海道で全国生産量の大半を占める海産物を紹介します。

なんだと思いますか?

 

ヒント

海のパイナップルと呼ばれます。

 

正解は

ほやです!

皆さんご存知ですか。

 

 

 

この見た目。驚きです。

殻をむいて、酢醤油などで味付けして食べます。

ほやには旨味、甘味、苦味、酸味、塩味の5つの味覚全てが備わっています。海の香りもしてやみつきになります。世界第四の珍味と言う人もいるんです!

最近はほやの魅力を広める活動が盛んで、アレンジ料理も増えています。

 

機会があればチャレンジしてみてください!

 

以上、食べ物紹介でした!

 

まとめ

仙台紹介いかがでしたでしょうか!

街や気候のイメージはふくらみましたか?

 

実際に生活すると、仙台の特徴や地元との違いがたくさん見えて来ると思います。

 

仙台での大学生活、楽しんで行きましょう!