東北大での学業に備えて
~講座・英語学習・電子辞書・パソコン~

メルボルン異文化体験ツアー7日間

掲載の情報は2020年度のものです。2021年度入学者向けの情報は2020年10月頃に更新いたします

MEL異文化体験ツアー催行中止のお知らせ

「メルボルン異文化体験ツアー7日間」催行中止のご連絡


※下のタイルをクリックすると実際の写真が見れます

【参加者の声(抜粋)】
農学部 鈴木 幸乃

私は、高校までは一切海外には興味がありませんでした。しかし、大学生に入りいろいろな人と触れ合う中でその思い込みは変わっていきました。海外へ行ったことのある人から、海外楽しいよ!という話をきいて、海外ってそんなに悪いものではないのかもしれない…と思うようになりました。
そのような折り、ご縁があってメルボルンへ行くことになりました。
行ってみて思ったことは「一度は行ってみるものだな」ということです。
私自身メルボルンに行ってみて,言葉に表せないような気持ちの数々を持ち帰りました。
胸がいっぱいだったのをよく覚えています。それは情熱のような、決心のような、強さのような…誰が行ってもそれは必ずあると思います。
私はそれを信じてこのツアーをみなさんに紹介しています。
自分の中にある思い込みや今まで生きてきた中で作られた当たり前。海外という日本とは異なる文化、歴史を形作ってきた場所にはその当たり前がないのです。それを言葉に表すのはとても難しいですが、人の出す雰囲気であるとか、日本とは違う太陽、スーパーに並ぶ商品…360°が自分の知らないものなのです。 それを一度肌で感じてほしい。行ってみないとわからないからです。
このツアーを通じていろんなことを感じ、そこから成長する。そんな新入生が増えたら本当に嬉しいです。 何かを感じたらそこから行動がおきます。行動を起こしたらまた刺激を受け、気づきがあって…というように進んでいくのです。
最初の体験は早い方が行動に起こせる時間や得たものを咀嚼する時間を長くとれます。1年生の夏に行く意義はそこにあります。 このツアーに参加して持って帰ってきたものを大学4年間に還元してほしいです。
私は新入生のみなさんが一歩踏み出すことを応援しています!
旅行日程 旅行行程詳細

前のページに戻る