実学尊重

東北大生向けオリジナルパソコン

現役東北大生による選定

東北大学生協オリジナルソコンは、現役の東北大学の学生によって毎年選ばれています。各メーカーが学生のために開発したパソコンを一同に集め、選定の場を設けることでそれを可能にしています。

実際の選定では持ち運びやすさや堅牢性、大学生活4年間を乗り切れるスペックかどうかという学生ならではの視点で選定しています。

東北大生に必要なパソコンとは?

東北大学製のパソコン事情の一番の特徴は、

いろいろな場所へ持ち運んで使う

ということです。

授業のために教室で使い、友達と課題をするために食堂で使い、
レポートを書くために自宅で使い、と1日の中でも複数の場所で
パソコンを開くシーンがあります。そのため、東北大生のパソコンには

軽さ・薄さ・バッテリー駆動時間

が必須条件になります。また、学生の途中で買い替えないためにも、
4年後も使えるスペックと、壊してしまったときの備え
も重視するポイントとなります。

やっぱりパソコンを一番使うのはレポートの時。僕は空きコマ(授業がない時間)にやることが多いので、食堂や自習室を使っています。
1日で書き終わることは難しいので、週に3日以上は学校に持っていきます。

学年が上がり研究室やゼミの活動が増えたので、発表資料を作成したり
逆に、他の人の資料をパソコンで見るようになりました。
学業以外にも自分の趣味や、サークル活動でExcelを使って集計などするので常に持ち歩いてますね。

おすすめ4つのPoint

1

4年間の保証と保険

オリジナルパソコンには4年間の大学生活を乗り切れるよう、メーカー保証と動産保険がついています。動産保険とは、思わぬ事故でパソコンを故障させてしまった場合に適用され、その修理費を負担するという保険です。しっかりと保証と保険をかけておくことで4年間安心してパソコンを使い続けることができます。

4年間のトータルサポート

信頼の証!4年間のメーカー保証

パソコンメーカーが提供する保証は通常1年間ですが、大学生協オリジナルパソコンは、卒業まで安心してお使いいただけるよう、保証期間はなんと4年間。正しい使用法での自然故障などに適用されます。4年間保証は、自然故障の起こらない高品質を目指すメーカーの自信の表れともいえます。

4年間保証のイメージ図

1台ごとに「動産保険」をかけています

メーカー保証期間が長くても注意しなければいけないのは、ユーザーの不注意による水濡れや落下といった、メーカー保証対象外のうっかりトラブル。この場合、高額の修理費用が自己負担となってしまいます。大学生協オリジナルパソコンは、1台ごとに動産保険をかけているので、不注意による破損でも、4年間、少ない自己負担金で、限度額の範囲内であれば何度でも補償されます。(限度額を超える場合の差額分は自己負担となります。)

PCに水がかかったイメージ図

東北大生の修理事例

東北大生の修理事例

動産保険の保証内容の詳細

◎修理可能な場合の年閻累積修理限度額

以下の年間限度額まで、何度でも補憐されます。

1年目/最大150,000円まで2年目/最大120,000円まで
3年目/最大100,000円まで4年目/最大60,000円まで
  • ※大学生協店舗までの送料や交通費は保証されません
  • ※限度額は1年ごとにリセットされます
◎修理不可能な場合の再購入補助金額

東北大学生協において同等スペックのパソコンを再購入するための補助にて補償に代えさせていただきます。
再購入補助金額は、左記の年間累積修理限度額残額かパソコン購入価格のいずれか低い金額となります。

◎保証の対象とならない場合

●対象PCの現物の確認が出来ない損害(罹災証明等の公的証明による確認を要する場合があります)●噴火/地震/台風による洪水等の自然災害による損害●紛失、置き忘れ、放置による損害●パソコン所有者の故意による損失●虫食い、ねずみ食い、性質および環境によるサビ、カビ、変質、変色●誤用、乱用、使用上の誤りにより生じた損害(例:カードスロットなどに対応しない製品を無理やり利用した為の破損や詰まりなど)●戦争、内乱、暴動、テロによる捐害●核燃料物質の放射性・爆発性による損害●詐欺、横領による損害●第三者に対し賠償請求が可能である損害●保証開始時すでに発生していた故障、破損、水濡れ●ソフトウェアのインストールによる損害●パソコンの機能および使用に影醤のない損害(筐体凹みや、液晶のピクセル抜け等)●データ、ソフトウェアの消失および損失(コンピュータ・ウィルスによる損害を含む)●海外からの送料(海外⇔GSS)●ACアダプター、ケーブル、バッテリーの経年劣化、ソフトウェア、マウスなど

2

充実の購入後サポート

大学生協はパソコン購入後までしっかりサポートします。 分からないことがあったとき、壊れてしまったかな?と思ったとき、すぐに相談できる窓口を学内に設けています。さらに、フルサポートライセンスに加入することで有料サポートを4年間無料で受けることが可能です。

オリジナルパソコン 相談窓口

東北大学生協オリジナルパソコンを入学後も安心して活用できるように相談窓口を学内に設置しております。
困ったことがあれば、講義の合間にお気軽にお越しください!

【場所】川内北キャンパス厚生会館内 川内購買書籍店「新生活サポートセンター」カウンター
【受付時間】11:00〜18:30 ※短縮営業時は異なります。詳細は生協からの案内を随時ご確認ください。

【サポート内容】
<無料サポート>
  • メーカー保証・動産保険適用による修理受付
  • <有料サポート>範囲外の活用の相談
  • リカバリ(初期化)を伴わないパソコンの点検
    (メモリチェック、マルウェア診断など)
<有料サポート・価格表>
  • パソコンの初期設定   10,000円〜
  • 修理中の代替機貸し出し 2,000円〜
  • 代替アダプタの貸し出し 1,000円〜
  • 預かり充電サービス   1,000円〜
  • ソフトウェア初期設定  5,000円〜
  • OSリカバリ(初期化)   20,000円〜
    ※サービス内容・価格は2017年8月現在のものです
PCフルサポートライセンス
8,980円(税込)   
※新生活サポートセンターでPCを購入した方のみ購入可能です。
3

必要なものがすべて揃う

パソコン本体だけでは大学生の学業を乗り越えることはできません。 レポートを印刷するためのプリンタや、データを保護するためのハードディスクなど本体以外にも必要なものは様々。東北大学生協では、学生の勉強スタイルに見合った周辺機器も選び、4月にすぐ使い始められるようセットでの提供もしています。

4

パソコン初心者も安心

大学生になって初めて自分のパソコンを持つ、という新入生のためにパソコン使い方講習会を開催しています。Word・Excel・PowerPointの使い方を基本としながら、東北大生が日常の課題をこなすために、どのようにパソコンを利用しているかを学ぶことができます。

東北大生の声から
2つのパソコンが選ばれました。

FUJITSU LIFEBOOK

FUJITSU
LIFEBOOK

MacBookPro

Apple
MacBook

新生活サポートセンターへの
商品・サービスのお申込みはこちらから

実学尊重へ戻る