秋大生の健康と生活


大学生は人生の中で最も健康な時期と思われていますが、初めての一人暮らしや慣れない通学や人間関係など様々な健康不安にも見舞われる時期でもあります。特に、運動サークルや部活などをしている方にとって部活動の中でケガをしないというのはむしろ少ないのではないかと思われます。

何がおきるかわからない大学生の生活。特に一人暮らしの方にとっては全てが1年生・・・。色んなトラブルも待ち受けています。まずは、大学生の生活について考えてみたいと思います。

Aさん(秋田大学1年生 柔道部所属)

授業が終わった後に、柔道部へ練習に行っている。準備運動は欠かさないが、先輩から強い技をかけられるときもある。くたくたになって帰る。自宅生なので、食生活に不安は無い。運動不足ではないし、病気には縁が無い。風邪もひかない。だけど、毎日の練習の中で投げられた拍子についた手で中指を骨折。部活で、こんなに簡単にケガすると思わなかった! (スポーツによるケガの可能性は常にあります。)

*

Bさん(秋田大学2年生 バレーボール部所属)

1年生のときから始めたバレーボール。先輩が何度かケガをするのを目撃している。毎日の練習の中ではもちろん、試合中もケガはおきやすい。先輩なんか、毎年1回は骨折しているみたい。部活をしながらの一人暮らしは何かと忙しい。・・運動はしてるけど、いまの食生活とか大丈夫なのかな??入学時よりも、外食が多くなってる気がする。(一人暮らしの食生活は実際不安要素がたっぷり。気づかないうちに病気になることも。)

*

Cさん(秋田大学2年生 自宅外生)

初めての秋田。冬はどれだけ寒くなるのか全然予想が付かなかった。でも、いざ冬になってみると本当に北国を実感する。窓に氷がつくし、道路はツルツル。水抜きって何のことだかイマイチぴんとこなくて、何もしないでいたら朝になってお湯が出なくてビックリ!!凍っちゃった!でも、それに気づかなくて結局水道管を破裂させてしまった。話は聞いていたけど、こんなに簡単に起きるなんて!修理代金いくらかかるんだろう・・。 (凍結事故は、毎年発生しています。)

*

Dさん(秋田大学院1年生 自宅外生)

院に進学してから、研究室にこもりっぱなし。アパートにもろくに帰ってない。ほとんど研究室で寝泊りしてるような状態。忙しいから、自炊なんかもしていない。部屋に戻らない生活が多い分だけ、ちょっと無用心かもしれない。こないだ久しぶりに部屋に帰ったら窓の鍵を閉めてなかった!(窓から侵入される盗難事故もあります。件数は多くないですが留守がちな部屋は狙われてしまうのです。)


前へ戻る