学生の基礎力

2015年入学 理工学部地球環境学科3年 古田みなみ

私は、1年間ホテルでアルバイトをしていました。始めたきっかけは、おしゃれでカッコいいと思ったからです。主にやることは、婚礼や宴会などの料理・ドリンク出し、会場のセッティング・片付けです。お酒の種類やセッティングの順番等、覚えることが多く、分からなくなることも多々ありました。でも、そんなときは周りの社員さんや先輩が優しく教えてくれました。

長期バイト以外にも弘前や地元で、短期バイトをいくつかやってきました。様々なバイトをやってきて、いつもはサービスを受ける側の自分がサービスを提供する側に回ることでその仕事の大変さに気づいたり、色んな価値観を持っている人と話す機会があったり、多くの経験ができました。それらを通して、前よりも自分の視野を広げることができたと思います。

大学では、高校よりも自由に使える時間が多くあります。アルバイトに関わらず自分がしたいと思ったら、その気持ちを大切にして、色んなことにチャレンジしてみたらいいと思います!

吉田さん

アルバイトの制服です。真っ白で気持ちが引き締まります。

2015年入学 人文学部現代社会課程国際社会コース3年 金子友美

大学生になったらやりたいこととして留学を考えている人は多いのではないでしょうか。ひとくちに留学といっても期間や過ごし方、目的は様々です。ここでは私の短期留学の体験を紹介します。私は1年生の春休みに「HIROSAKIはやぶさカレッジ」という大学のプログラムの一環でニュージーランドに1か月滞在しました。午前中は語学学校、午後は市内散策、週末には2泊3日の旅行もしました。

海外へ行ってみて、自分を客観的に見る機会になったと思います。日本語が通じない土地でホストファミリーや学校の友達と話すことで日本人としてのアイデンティティというものが何かを考えることができました。

留学だけでなく、ボランティアや旅行も立派な海外体験です。今は興味がない人も、大学では海外体験をした人が周りにたくさんいます。その人の話を聞いたら興味が沸くかもしれません。ぜひ、みなさんが学生のうちに日本を出て学ぶ経験をしてほしいです。日本じゃ見られない景色、出会いが刺激となるでしょう。Good luck!

週末に旅行に行ったときの写真

週末に旅行に行ったときの写真

語学学校のクラスメイトとランチしたときの写真

語学学校のクラスメイトとランチしたときの写真