部活・サークル

2014年入学 人文学部現代社会課程4年 清澤 達也

学生団体Hiromaruは弘大生が中心となって活動しているサークルです。「やりたいことを、やりたいように、やる!」をモットーに弘前の魅力を伝えるフリーペーパーを発行しています。企画から実際の取材、写真撮影、編集までを学生のみで行っています。

取材する店舗から頂いた協賛金で印刷、発行しています。私は「弘前のこと、知る人ぞ知るお店を知りたい!」という思いでHiromaruに入りました。写真を撮るのが好きなのでカメラマンと取材記者、ライターをやっています。

写真は魚市場の朝市に取材に行った時の写真です。普段なかなか行けない場所でお話しを伺うなど、 貴重な経験ができます。魚市場の他にも市内の喫茶店やバー、雑貨店など様々な店舗を取材してきました。取材をきっかけに自分自身も市内の様々な店舗を回るようになり、楽しい弘前ライフを送っています。フリーペーパーは学内の友人からも好評で、発行した時には達成感も味わえます。あなたも一緒にフリーペーパーつくりませんか?

フリーペーパー

発行したフリーペーパー

魚市場での取材

魚市場での取材


2016年入学 農学生命科学部国際園芸農学科2年 佐伯茉美

私は、FISHERSという釣りサークルに所属しています。きっかけは入学してまもなくの頃にあった大勧誘会というサークル紹介の場でした。釣りはまったくしたことがありませんでしたが、サークルの代表の方の話を聞くうちに興味が沸き入ることを決めました。

サークルには小さい頃から釣りをしている人がたくさんいたので基本的な知識などを学びつつ、月に一回程度はサークルのみんなで青森市や鰺ヶ沢町などに行って釣りをしています。釣った後は、魚を自分たちで捌き料理をして食べています。また、春にはお花見、夏にはバーベキューや深浦町での合宿をしたりもしました。

FISHERSに入ったことで釣りの技術や知識を得ることができたのはもちろんですが、学部や学年を超えて様々な人と関わることができ自分の視野を広げることができました。皆さんも是非いろいろなサークルに入り今までにない経験や出会いをしてください。

釣りの様子

釣りの様子


2016年入学 農学生命科学部国際園芸農学科2年 岡村朋香

私は学生地域団体Smoothieという、青森県を中心とした地域で活動するサークルに所属しています。私は地域に関わる活動に興味を持っていたのと、単純に青森を楽しみたいという想いから、このサークルに入りました。

「学生地域団体」というまじめで堅そうで意識高そうな名前ですが、それは誤解です(笑)これまでの活動は、弘前公園のさくらまつりを楽しむための「さくらまつりマップ」の作成、津軽地域のりんごと東通村のブルーベリーを使った大学祭でのスムージーの販売、田舎館村のどろりんピックの参加・スノーアート制作や出店、弘前高校の生徒との大鰐線近辺の調査などで、メンバーみんなでとにかく青森を楽しんでいます。今年も農業したり、伝統工芸に挑戦したりと、弘前がもっとおもしろくなる企画がたくさんです。

Smoothieで1年間活動して、青森のいろいろなところでいろいろなことをするのが楽しく、弘前に来て本当に良かったと感じます。県内の人も県外の人も、青森を満喫できることを保証します。大学生活の楽しみに、「弘前、青森を楽しむ」を付け加えてみませんか?

活動の様子など

活動の様子など