自宅から通学される方へ

自宅から通学される方へ
まずは新入生サポートセンターへ

自宅生合格者とその保護者さまへの説明会

弘前での友人と出会える!
新入生WelcomePartyに
参加しよう!

自宅から弘大に通学している
先輩からのアドバイス

自宅(市内)から通学を考えている方へ

私は弘前市にある実家から自転車で大学まで通っています。実家が大学にとても近く、5分ほどしかかからないため、講義時間ギリギリまで家にいることができてとても助かっています。他にも電車や自転車通学の人もいます。電車通学は1コマに間に合わせるために始発できたり、終電があるので予定を電車の時間に合わせる必要などがあると思います。予定を合わせるのは大変だと思いますが、朝早くに大学へ来たことを利用して、図書館で勉強したりなど上手に時間を使うことができます。自転車通学は各学部の近くに駐輪場があるので便利です。また雨天や冬の時期は、家族に送り迎えしてもらっている人も少なくないです。 自宅から通えるメリットとしては、何か困ったときに相談できる相手がすぐ近くにいる、勉強や好きなことに割ける時間が多いことです。家事を親がやってくれるため、課題に取り組んだり、趣味に費やせる時間が多いです。しかし一人暮らしの人と比べ、家事をやるタイミングが少ないです。そのため親に分からないことを聞ける環境に感謝して、将来のために家事の経験を積むことが必要だと思います。メリットとして根底にあるのはいつも近くで親が支えてくれているので、安心して大学生活を送れるということです。デメリットをあげるとしたら予定を細かく親に伝えなくてはならないことです。帰宅の時間や夕食がいるのかいらないのかなどです。大学生になると行動範囲や交友関係が広がりますが、大学のことだけでなく家のことも考えて生活をする必要があります。大学に入学し、やりたいことがたくさんあるとは思いますが、家族に近くで支えてもらえていることに感謝し、様々なことに挑戦してほしいと思います。

自転車 愛用の自転車。通学だけでなく市内の移動でも大活躍。必需品です。

教育学部 成田茉広

自宅(市外)から通学を考えている方へ

私は、弘前市の隣の平川市から車で通学しています。道路の込み具合などで変わるのですが、通学時間はだいたい20分くらいです。 授業がない時間が多めにあるためその空き時間で使う教材や、サークルでPCを多く使うため、毎日PCを持ち歩く必要があります。そのため荷物が毎日大きくなりがちです。毎日大きな荷物を持って自転車を使っての通学がつらいために車での通学にしました。車というものは便利なのですが、毎月ガソリン代に加え、私は、学校の近くの駐車場を借りているためその駐車場代と1万円弱かかってしまいます。そのお金を稼ぐためのバイトもしなければならなく、勉強との両立を何とかしている感じです。 家に帰ると、家のことは家族がやってくれるというのが、自宅生の最大のメリットだと思います。しかし、デメリットがないわけではありません。例えば、サークルや学年が上がるとゼミなどで遅く帰るときが必ず出てきます。そういう時は、突然の連絡だと家族にも心配や迷惑をかけてしまいます。そういう場合は、前もって1週間ごとでもいいので親に自分の予定を伝えておくなどの工夫が必要になってきます。他にも細かくありますが、それらと上手に付き合って充実した学生生活にしてほしいです。

通学の車の様子 荷物が多いので車の後部座席に積んでいます

理工学部 相馬 慎太郎

前ページへ戻る