ひとり暮らしをされる方へ

弘前での生活準備がすべて完了!
まずは新入生サポートセンターへ

新入生サポートセンター

サポートセンターでできること
  1. 弘前での住まいを決めることができます
  2. 新生活用品を実際に見て検討、申込みができます
  3. 弘大の先輩おススメの教材の購入ができます
  4. 生協・共済の加入手続きができます。
  5. 食事のサポート「ミールカード」の申込みができます。
  6. その他、様々な疑問や不安に先輩学生のアドバイザーがお答えします。
弘前での友人と出会える!
新入生WelcomePartyに参加しよう!

推薦生WelcomePartyのご案内はこちら

新入生WelcomePartyのご案内はこちら

弘前で一人暮らしをしている
先輩からのアドバイス
1人暮らしを始める方へ(下宿編)

理工学部数物科学科2年 市川和樹

部屋の様子

僕は大学生で初めて1人暮らしを始めた訳ですが、両親の意向もあり下宿に暮らすことを決めました。僕自身、初めての1人暮らしはとても不安で、両親も僕の食生活などの不安があったため、下宿に決めました。下宿は大家さんによってかなり異なりますが、大体の下宿は、お風呂やトイレ、洗濯機などが共用で、食事が月~土まで朝・夜の2回出るのが基本です。僕は下宿を決める際に1番大切なことは、大家さんと話してみることだと思います。これから1年以上、最後までいれば4(6)年以上一緒にいる訳ですから大家さんとの相性はとても重要です。続いて僕が下宿生活をしていて良かった点を2点紹介します。1点目は、やっぱり生活面です。大学生になると今まで以上に活動の幅が広がり夜遅くに帰ることが増えます。そういう時に食事が用意されていたり、掃除されてきれいなお風呂が用意されていたりするととても楽ですし、負担が増えません。2点目にこれは全ての下宿に言えるわけではないですが、下宿でのイベントがあることです。僕の下宿では夏にバーベキューをしたりクリスマスにはみんなでケーキを食べたりします。下宿には大きい食堂があるのですが、そこで大体イベントをやるのでこれは下宿の特権だと思います。最後に初めての1人暮らしはなかなか大変です。下宿生活を経てだんだん慣れてからアパート暮らしをしてみるのもいいかもしれません。

一人暮らし(アパート)

人文学部経済経営課程3年 鷲平英雄

大学生は高校生が思い描く以上に自由です。空いているコマには気の向くままに弘前を散策したり、授業終わりにスーパーで食材を買ってきて、友達の部屋で鍋を囲んだり。ほら、とても楽しそうですよね。しかし、一人暮らしを楽しむためには、適切に家事をして周りの環境を整える必要があります。大学に来ていく服も、毎日の食事も、全部自分一人で用意しなければなりません。ゴミを貯めると、足の踏み場もなくなり、部屋に友達が呼べなくなります(ちなみに僕は本を買いすぎて、二カ月ほど友達を部屋に入れてません)。

食事にしても、外食ばかりだと財布には優しくないですし、第一太ります(悲しい現実)。

また、誰も起こしてくれないからといって、授業に遅刻すると当然成績に響きます。つまり、大学生には自律が重要になってきます。

ちゃんと自分の時間を管理できるようになるまでは、一日の時間で出来ることは非常に限られますが、ちゃんと時間を見つければ、バイトもサークルも勉強も両立できるようになります。大学では出来ることの幅が人生の中で一番広い思うので、時間をうまく使って、色んなことにチャレンジしてみましょう。