みなさん、こんにちは。2019年度のメルボルンツアーに同行職員として参加した、松野です。もうすぐ春ですね!みなさんお元気でしょうか。

 

今回はメルボルンツアーコンテンツの中の、在豪(オーストラリアに住んでるよ、ということ)日本人との交流について書いていきたいな、と思います。

 

昨年のツアーでは、オーストラリア在住で、今回のツアーをコンダクトしてくれたKanaさんとFumiさんのお話を聞く場面がありました。

この場面は、この間ブログで紹介してきたクエストや多文化体験で十分メルボルンの文化を感じたあとに行なうので、参加者のみなさんは、海外で暮らすということのイメージが膨らんで、自分だったら…と置き換えられるようになった状態で行われます。

 

自分のこれからの人生の選択肢のひとつとして、

 

海外ではたらくってどういうことなんだろう?

海外で長期間過ごすってどういうことなんだろう?

 

そんな参加者の疑問に、すでに何年も何十年もメルボルンで暮らしてきたKanaさんとFumiさんが答えていきます。

私(松野)自身も、大学生協の仕事で(今回と別件です)アメリカに行くまで日本から出たことがない内弁慶だったので、正直海外に自分から行きたい!海外でなにかことを成し遂げたい!というマインドセットはよくわかりませんでした。

 

そういう意味では同行職員という立場ではありますが、わたしも気持ちは参加した学生たちと変わらないものだったのだと思います。

 

 

この時間は、参加した学生のみんなの成長が一番感じられる時間だな、と思いました。

 

メルボルンツアーに参加する学生さんは、海外に興味がある人も、実はそうではない人もさまざまおりましたが、この時間になると

 

「海外ではたらくことを決めた理由ってなんですか?」

「メルボルンではたらいていてよかったことはありましたか?」

 

などなど、海外ではたらくことへの質問が止むことなく飛ぶようになります。

 

それはつまり「海外・外国」への漠然とした不安の正体は、自分自身の言語能力への不安や、異文化に放り込まれたときに自分がどうにかなってしまうのではないか、という恐怖心が元になっているのだと思います。

 

その不安と恐怖心は、環境を変えることにより払拭することができます。

 

その環境は、このツアーのように異文化に思い切って身を投じることによって得られます。

 

自分の価値観を変える旅、自分の殻を破る旅に、出てみませんか?

 

 

こんにちは!

去年メル7に参加しました、歯学部1年の榎戸です。

今回は、ツアー4日目に体験した多文化体験プログラムについてお話しします!

 

多文化体験プログラムで私は幼小学校を訪問しました。

そこでは、日本語の授業にTAとして参加し5歳児の子どもたちと交流しました♪

日本語の授業専用の教室があり、ちゃぶ台を囲み、座布団に座るという和なスタイルで授業が行われていました✨

 

授業では、まず、日本の教育テレビを見て、先生と子供たちと一緒に歌ったり踊ったりしながら楽しく日本語を学んでいました!

 

次に、皆で折り紙をし、ブーツを折りました!

日本文化である折り紙でブーツを折るって、なんだかオシャレですよね(^^♪

 

日本語の授業の先生が折り方を説明し、日本語での色を教え、私たちもお手伝いしながら子どもたちと一緒に楽しく折りました。

 

折り終わったら、折り紙のブーツにお絵かきをしました!

 

同じちゃぶ台を囲んでいた子どもたちは、私に、「これはパパにあげるの♪」とか「これ何の絵だと思う?」など、たくさん話しかけてくれました!

 

隣に座っていた女の子は、私が描いたウサギの絵をこっそり見ながら真似して自分のブーツに描いてくれてました!(*’▽’)

 

それを見て、日本人のこどもと同じだなぁと思いました☺

 

子どもたちは幼いために難しい英語を遣わないし、私たち日本人学生が英語をほとんど話せないことを分かっていないからこそ、思ったままに気さくに話しかけてくれました。

そのおかげで、自然な会話ができたのが新鮮で嬉しかったです✨

 

 

幼い子どもたちと交流したことで、心が通じ合ったり、何かを一緒に楽しんだりするのには、言葉や国の違いは関係ないのだと気づくことができました!!

 

皆さんもぜひ、多文化プログラムで幼少学校訪問してみて下さい!

可愛い可愛い子どもたちが待っていますよ♪