こんにちは!FLAT、経済学部二年の林真代です!
九月ももう半ばですね!みなさん、いかがお過ごしですか?
仙台も、今週くらいからだんだんと涼しくなってきました。
しかし、東北大生の夏休みはまだ続きます。
わたしは8月からのこの二カ月、テストから解放された後は、
軽音楽サークルのライブや先月行われた「荒吐ロックフェス」を見に行ったりと、趣味の音楽を満喫していました。最近もナンバーガールというもう十年も前に解散したバンドのCDを聴きながら、部屋で一人踊ったりしてます(笑)
明日からはバイトで貯めたお金で、友達と沖縄旅行に行ってきますよー!(^^)!
…けど!今年の夏休みの思い出といったらやっぱり…!
8月23‐25日に静岡県伊東市で行われた、全国共済セミナーです!笑
ふらっとブログ五回目を担当してくれた、末永くんの記事でもおなじみです (^O^)
わたしも、FLATの仲間と、東北大の学生委員会「おおわん」メンバーと参加してきました。
FLAT38.jpg
共済や生協の活動に携わる全国の大学生と、たくさん交流してきました!共済の魅力、たっぷり学んできましたよ。
そう、大学生になって活動範囲が一気に広がるであろう皆さんを、少ない掛け金で24時間保障してくれるのが、学生総合共済の魅力です!(^_^)(共済って?という方はこちらへどうぞ→http://www.tanuro.com/about/index.html)
生命共済では、部活でのケガや通学途中の事故によるケガ、病気による入院保障など、学生生活に合わせた保障が充実しています。火災共済も、火災だけでなく、水漏れ・盗難保障もついています。息子・娘さんを離れた場所に送り出す親御さんにも安心です!
それと、今回のセミナーを通して一番みなさんに伝えたいこと。共済って「学生同士のたすけあい」の制度なんです。
共済は、学生みんなが健康で安全な大学生活を送れるようになるために作られたのはもちろんですが、それだけでなく、共済を通じて学生に「たすけあいの心」を実感して社会に巣立ってほしいという気持ちがこめられています。
自分の掛け金が、他の困っている学生をたすけ、自分が困った時は、他の学生の掛け金でたすかる。そんな、「学生による学生のための、たすけあいの制度」が共済なのです。共済って、なんだかあったかいですね(*^_^*)
ここからは少し、大学生活についての話をしていきたいと思います(^O^)/
わたしは静岡県出身でいま一人暮らしをしているのですが、やっぱり地元を離れて成長できた部分はたくさんあります。
東北大学は、他の大学と比べても、一人暮らし率が約85%とかなり高いです。(全国でもベスト3に入るんじゃないか…)だから、全国の友達ができます!皆だいたい大学の近くに住んでいるので、学校帰りに友達の家に寄って朝まで語りつくしたり、冬はこたつで鍋パーティーをしたり…
部活やサークル活動も、とってもさかんです。
↓(今年の五月に新歓で盛り上がる東北大の川内キャンパスです!)
FLAT39.jpg
勉強だけじゃなく、サークルやバイト、趣味を通じていろんな人と触れあう…これって、大学生の今しかできない大事な経験じゃないでしょうか!(^^)
仙台はとっても住みやすいですよ!四季折々の変化がとてもきれいです。
ちなみに私のお気に入りは夏の定禅寺通りのケヤキ並木です。12月には光のページェントというイベントがあって、ケヤキ並木がきれいにライトアップされるんですよ!
また、プロ野球の楽天イーグルスや、サッカーのベガルタ仙台も活躍しています!
FLAT40.jpg
わたしはこの↑楽天の球場でバイトをしているのですが、全国各地から楽天のファンだけでなく、たくさんの人が試合を見に来てくれています。また、被災地から子供たちを野球観戦に招待したりもしています。
震災を乗り越えてみんなが一つになっている。七回裏に応援歌とともに打ち上げられる紅白のジェット風船を見ていると、毎回泣きそうになってしまうんですね…
なんだか大学生の本業であるはずの勉強の話題が全然なくて、すいませんでした…(汗)
わたしの座右の銘は、あの有名な相田みつを氏の「一生勉強、一生青春」です。部屋の壁にも貼ってあります。
このブログを読んでいる皆さんにも、充実した大学生活を送ってもらうために、私達FLATは来春の「新生活サポートセンター」に向けてこれからもがんばっていきます!
では、また来週もお会いしましょう!


いや~まだまだ夏ですね。FLAT2年、工学部機械知能航空工学科の飯島といいます。
私は「THE!!駆波”乱」(通称ざっく)というよさこいチーム?サークル?に入っているんですけど、先日名古屋で開催された「にっぽんど真ん中祭り」に参加してきました!!
交通手段は青春18きっぷを使いました。青春18きっぷ、知ってますか??これはJRの鈍行列車乗り放題みたいなもので、時間はあるけどお金のない学生たちがよく使うものです。13時間もかかりました。笑
FLAT36.JPG
今回の名古屋遠征はざっく103名が参加して、私ともう一人がこの祭の担当で2か月前から綿密な準備をして当日もみんなを引っ張ってました!!すごく大変でした・・・
FLAT37.JPG
裏話なんですけど、今年は震災もあり、実は名古屋テレビさん(通称メ~テレ)から名古屋に滞在している間ずっと取材を受けていました。 全国放送ではなかったんですが、東海地方の番組で放送されたり、高橋ジョージさんと握手できたり、鈴木アナという美人アナウンサーと喋れたり、元KHBのアナに会えたりと、普段はできない貴重な体験をすることができました!!
このお祭りで去年から踊ってきたチーム演舞が踊り納めになり、今度の10月に仙台で開催される「みちのくYOSAKOI祭り」で新しい演舞を披露するため、今全力で作成、練習中です!なので、みなさん観に来てくださいね!!
実は私、「実家生(実家から通学している人の総称)」なんですよ。東北大生の約2割くらいが実家から通っています。大学に入ったころは一人暮らしにすごく憧れていたんですが、最近は断然実家生で良かったと思っています。一人暮らしをしている友達からはとても羨ましがられます。実家生のメリットは、家賃がかからない、家事をしなくていい、帰省する必要がない、地元の友達とも遊べる、車を運転できる、などです。
デメリットは、門限がある(私はないです。笑)、なんでもできる自由がない、友達を呼びづらい、などですかね。
例年、大学生協では、「実家生説明会」というものを行っていて、私も担当として参加しようと思っているので、実家生の大学生活についてもっと詳しい話をそこではしようかなと思っています。
実家生の話や、サークルの話、大学生活の話など聞きたいことがあればなんでも答えるので、ぜひ実家生説明会に足を運んでみてください(^^)/