こんにちは!文学部2年の高橋優香です。

 

もう2月の末ですね。皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 

 

 

ブログを書いている現在、仙台は雪がほとんど積もっていません。地元の秋田と違って2月でも自転車で通学できるので、とても助かっています。

 

しかしそんな仙台でも、ときどき驚くほど雪が降ることがあります。大学生になっても雪が積もるとテンションが上がるのか、翌日にはキャンパス内に雪だるまやかまくらが必ず出現します。中にはクオリティの高い「作品」を完成させる方もいるようで…

 FLAT2015.26-1

 

遠目から見たときは実際に人が座っているのかと思ってしまいました。どうして寒い中ずっと座っているんだろうと思って近づいたら、まさか雪像だったとは。一体どんな人が作ったのか気になりますね。

 

 

 

このような冬の風物詩から垣間見えるように、東北大学には面白い人たちがたくさんいます。サポートセンターで皆さんの入学準備をお手伝いする学生スタッフも、個性的で魅力的な人たちばかりです。ぜひいろんなことを聞いて、たくさんお話してみて下さい。先輩たちの大学生活の話を聞けば、きっと4月からの新生活への期待がもっと高まると思います!

 

それでは、サポートセンターで皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。