はじめまして。

今回のふらっとブログ担当、大学院法学研究科修士1年の瓜谷です。

これまでに数名の大学院生がこのふらっとブログを担当してきましたが、担当者は理系の学生でした。そこで今回は文系の大学院生がどんなことをしているかということについて、少しご紹介できれば思います(文系の中でも分野は更に分かれるので、あくまで一例です)。

私が所属している部署は、いわゆる「公共政策大学院」というところで、その名の冠する通り国や自治体が実施する公共政策について研究しています。具体的にどのような方法で研究をしているかというと、文献を調査する、データを整理するというような文理共通の手段が大きな比率を占めています。これに加え、理系の研究方法とは異なる点として、実際に政策を実施する自治体や政府機関、政策に関連する事業を行う企業等にヒアリングを行うことで課題やその解決策を探るということをしています。特にこのヒアリングでお話を伺うのは、その分野でも最前線の取組を行っている団体や社員・職員の方が多く、得難い体験になっています(ちょっとした裏話を聞けたりするのも面白いです)。

 

 

と、ここまで真面目な話をしてきましたが、ヒアリングに伺う際にはその土地のグルメを味わうなどの楽しみもあります。

写真は昨年の研究活動の一環で訪問した、宮城県南三陸町で食したうに丼と、福島県喜多方市で食した喜多方ラーメンです。

FLAT20170123-1

FLAT20170123-2

学部時代に比較すると格段に忙しくなる大学院生ですが、こうした楽しみを挟みながらも充実した院生生活を送っています。

受験生の皆さんはここからの1か月大事な時期になると思いますが、適度な休み・楽しみも挟みつつ、悔いのない充実した時間にしてもらえればと思います。

以上、瓜谷でした

筆&撮影:住まいFLAT4年 宮崎住まい探しブログ4-1

こんにちは! 寒さが本番になってきましたね。

今日仙台には雪が積もっています。。。

今回はそんな雪の日の東北大学についてお話したいと思います。

東北地方に位置する宮城県仙台市は例年12月から3月上旬頃までが雪の季節になります。
※ただし、私が入学した2013年には4月21日に雪が降って桜と雪を一緒に見ることができました笑

日本気象協会(http://www.tenki.jp/) の過去のデータによれば毎年1月2月には月の半分くらい雪が降っていますね。
そんな雪の季節、東北大生の多くはテスト期間の真っ最中なのですが、今日も元気住まい探しブログ4-2

住まい探しブログ4-3

 

写真はまさに今日撮影したものなのですが、仙台の雪は歩くのも大変なほど積もる日は多くても両手で数えられるくらい。

川内キャンパスの前の坂はつるつるになってしまうため、普段より少し通学に時間はかかりますがこれくらいの雪であれば普段と同じ通学手段を利用することができます。

※ただし、私が入学する2013年の前期試験の際には雪のため試験が1時間遅れるくらい降りました。その年はたまたま試験と重なりましたが、毎年必ずどかっと雪が降ることはあるので、そうはいっても雪対策は必要です!

住まい探しブログ4-4

 

 

入試に来られる方、サポートセンターに来場される方はくれぐれも足元にお気をつけてお越しください。。。

それでは!また次回の住まいブログをお楽しみに!!