皆さんこんにちは!

農学部生物生産科学科植物生命科学コース3年の金井塚文音です!

 

8月上旬まで続いたテスト期間が終わり大学生の2か月にもわたる長い夏休みが始まりました!

 

2か月となると過ごし方は人それぞれです。

旅行に出かけたり地元に戻ったりアルバイトでたくさん稼いだり…

私の周りには大学の海外研修プログラムに参加する人もいます。

 

私も旅行に出かけたりしようかなと考えているところですが、今年はそれに加えて、来年の院試に向けて苦手な英語の勉強も少しずつ始めようかなと思っています。

と皆さんの前で宣言することで自分を追い詰めていきます。1か月後続いているといいな…(小声)

 

 

さてさて、私はそんな長い夏休みが始まってすぐの8月5日から5日間、宮城県北西部の大崎市にある川渡フィールドセンターというところで実習をしてきました!

写真はフィールドセンターの最寄り駅である「川渡温泉駅」の様子です。

仙台市内とは雰囲気がだいぶ違ってワクワクしました♪

そしてこの写真はセンター内のトウモロコシ畑の様子です。

 

教授曰く、写真の奥の方に見える山もフィールドセンターの一部だそうです。

実は川渡フィールドセンターは東京ディズニーランド40個分の広さ(2,200ha)あるそうで、その広さは付属農場としては日本一の広さだそうです。

農学部の学生は少なくとも1回は来ますし、他学部の学生さんが実習にくることもあるそうですので訪れた際にはその広さを体感していただければと思います。

 

そんなフィールドセンターで私たちは田んぼの雑草や虫について調査したり、ジャムを作ったり牛舎の掃除をしたり、農業に関わる様々な体験をしてきました。

どれも日頃通う青葉山では体験できないことで新鮮でした。

実習に行く前よりさらに農学についての関心が高まったように思います。

 

もちろん夜は自由時間だったのでひたすらトランプをしたりすき焼きを食べたりしました笑

 

夏休みの始まりとして最高に充実した5日間でした!

 

夏休み中の9月末にもう一度実習に行く機会があるので今からとても楽しみです!

― 餃子職人の朝は早い(AM 02:00)

「まあ好きで始めた仕事ですから」

まずは、食材の入念なチェックから始まる

「最近は冷凍物も増えてるけど、手作りを食べたがるお客さんがいるからねえ」

真剣な表情で食材を見つめる

「あっ…これ消費期限今日までだわ…」

職人の顔には明らかに焦りの色が見えていた… ―

 

皆さんこんにちは。

東北大学経済学部3年の石沢誠高(いしざわ まさたか)です。

 

ふらっとブログを見に来たはずが何を見せられているんだ…と思った方も多いかと思うので先に謝罪しておきます。申し訳ありません。

東北大生の等身大の大学生活をお届けする本ブログですが、自分の大学生活を振り返ってみるとあまりにも面白くなかったので、もう餃子の作り方でも書いときゃええやr

大学生の自炊事情として、私がオススメする餃子の作り方をお伝えすることにしました!

結構美味しい(当社比)のでもしよかったら作ってみてくださいね。

 

さて、では餃子を作っていきます。工程はざっとこんな感じ。

  • 材料を切る
  • 混ぜる、こねる
  • 包む
  • 焼く
  • 食べる

 

  • 材料を切る

まず本日の材料はこちら。

左上から、ニラ、牛豚ひき肉、キャベツ、大葉、餃子の皮、たけのこです。

今回は牛豚ひき肉で作ります。お安くなっていたので。餃子って言ったら豚ひき肉でしょ?って感じもしますがこれはこれで美味しいです。あとたけのこは食感が良くなるのでオススメです。大葉は刻んだりせず包むときに一緒に包んであげてください。

ではこれらの食材を切っていきます。今回作る餃子は40個ほどなので、ニラは半束、キャベツは1/4玉で十分です。基本みじん切りでいいと思いますが、食感が欲しかったら少し大きめに切ったりするのもいいですよ。ここら辺は気分と好みですね。

  • 混ぜる、こねる

先ほど切った食材をひき肉と一緒に混ぜて、粘り気が出るくらいまでこねていきます。

 

こんなところでしょうかね。

ちなみに味付けはこんな感じです。

醤油、胡麻油                                         大さじ1〜2

酒、みりん、鶏ガラスープの素       大さじ1

生姜・にんにくすりおろし                少し(好み)

塩コショウ                                             少々

これで作ると結構しっかり味がついた餃子になりますが、あっさり目が好きな人は分量を減らしてみてください。

  • 包む

さて、具もできたのでいざ餃子作り!包む作業です!

今回使う皮はこちらのモランボンの大判とうす皮の二種類を用意しました。

大判は沢山具を包める分食べた時の肉汁とボリュームが良いのでいつもは大判を使用しています。うす皮はたまに使いますが薄い分焼き上がりがパリパリになるのでこれまた美味しいです。皮のもちもち感を楽しみたいときはもち粉入りのものもあるのでこちらもオススメですね。

さて、これで包んで餃子を作っていきます。

スプーン等を使って皮に具をのせます。この時多すぎると後から具がはみ出すので、コツは少なめにしておくことです。

そして、皮のフチに水をつけて、閉じます。この時片側だけにひだを作るように包んでいくとこんな感じの見た目になります。うーん我ながら良い出来。

これは正直説明が難しいので「餃子 包み方」とかでググって動画を参考にしてみてください。色々な包み方があるので試してみてくださいね。あとは練習あるのみです。

ちなみに大葉は皮→大葉→具の順番で重ねて包んでください。

  • 焼く

全ての餃子を包み終えたらいよいよ最後の焼く作業です。

まずはフライパンに油を引いて温めてから餃子を並べて…となりそうなものですが、

最初にお湯を沸かしましょう

え?なんで?って方もまずはお湯を沸かしましょう。…よし、沸いたかな?

ここからは一気にいきます!フライパンに油をひき、強火で熱してから餃子を並べます!

そこに先ほど沸かしたお湯をどーん!すかさず蓋をバーン!!

強火で熱し、お湯が蒸発する頃に上から胡麻油を投下!焼き目がつくまで強火でGO!

良い感じに焼き目が付いたな、と思ったら上から皿をかぶせてひっくり返すと…

完成ッッ!!

っとこんな感じで焼けば最高に美味しい餃子の完成です!

勢いしかなくてよく分からんとか言われそうな気がするので少し補足すると、さっきお湯を沸かしたのは差し水の代わりにお湯を使用するためです。水を入れるとフライパンの温度が下がって皮がベチャッとした仕上がりになってしまうため、熱湯を使用します。入れる量は大体餃子の下1/3が隠れる程度です。餃子に羽根を付けたい人は、この時お湯に小麦粉を混ぜておくと簡単に羽根つき餃子が作れます。

焼くときに気を付ける事は、フライパンをこまめに揺することを忘れずに、ですかね。

  • 食べる

後はもう熱いうちに召し上がれ!

付け合わせはお好みで、酢、醤油、ポン酢、ラー油なんでもござれです!

ちなみに私は昔から酢オンリーが好きなので、酢だけつけて食べています。何を付けて食べるかでもベストな味付けは変わってくるので、そこも調整してみてくださいね!

では、いただきまーす!!

 

…犯罪的だっ………!うますぎるっ………!

パリパリ、もちもちした皮と………一口噛んだ瞬間に…溢れる肉汁と…

食感のバリエーション………!ガツンときやがる………!口中にっ………!

そして気が付けば………完食っ…!

…我ながら最高の出来でした。(元ネタが分かる人はどのくらいいるんだろうか)

通常のものはもちろん美味しいですが大葉を入れたものもさっぱりして美味しいので本当にオススメですね。半分くらい作っておくと交互に楽しめて良いかもしれません。

 

ここまで餃子の作り方をお伝えしてきましたが、どうでしたか??

本当にオススメの作り方なので、ぜひ今度作って食べてみてくださいね!

ちなみに全く関係ありませんが、皆さん消費期限には気をつけましょうね。突然夜中に餃子作るハメになりますからね。ええ。関係ないですけどね。

それでは、皆さんお休みなさい―――(AM 05:00)