皆さんこんにちは。工学部機械知能・航空工学科4年の小野寺です。

私の記事を全部読むのは大変でしょうから、はじめに結論だけ申し上げておきます。

「自転車は最高」

 

夏休みは大学院入試とその対策で半分潰れてしまったのですが、残り1ヵ月で父親にクロスバイクを買っていただきました。この場をお借りして、厚く御礼申し上げます。

 

私はこう見えて(見えない)結構アウトドア派なんです。ふらふらと気になった場所に立ち寄るのが好きな性格なので、自転車はうってつけなんですね。今まで移動手段が地下鉄と徒歩だけだったので、自転車のおかげで行動範囲が大きく拡張されました。

 

例えば、納車の翌日に訪れた仙台港(往復約45km)。相棒には最初に海を見せようと決めていました。

 

友人と4人で仙台空港周辺へ(往復約40km)。

この他、長町や名取という郊外を探索したり、2kmの坂道を登って「海の見える丘公園」へ行ってみたり。ちなみに、到着したのが夜で全く海は見えませんでした。(代わりに仙台市の夜景が見えました)

 

「仙台×自転車」はとても相性が良く、特に街中は平坦で歩道に自転車レーン(?)も確保されていることが多いので走りやすいです。そして何よりも、気になった場所に立ち寄りやすいのが一番の魅力でしょう。仙台暮らし4年目ですが、自転車のおかげでやっと仙台を理解してきた気がします。

 

本を読んだり、大曲の花火を見に行ったり、加茂水族館に行ったり、サンマ焼いたり、東北6県を巡ったりと長期休暇の楽しみ方は人それぞれです。自転車旅はほとんどお金がかからず、平日にだって気軽に出来るプチ旅行です。特に行きたい場所が見つからないときは、普段通らない道を通ってみたり、遠回りして通学・帰宅してみるのも面白いでしょう。そこに新たな発見があるかもしれません。

 

次回のふらっとブログもお楽しみに。

こんにちは、医学科3年の米山です。

 

夏の暑さも和らぎ、季節もすっかり秋ですね。夏はどのように過ごされたでしょうか?

僕はあっという間の夏でした(´;ω;`)

7月中旬にテストがひと段落してそこから約1か月の夏休みがありましたが(夏休み2か月ある人うらやましい…笑)、オープンキャンパスの準備や部活の大会をはさみつつ、旅行などに行ってエンジョイしていたら、一瞬のように過ぎ去っていました。

 

ただ、秋は秋で楽しいことたくさんありますよね!

紅葉の秋、食欲の秋、芸術の秋、スポーツの秋、睡眠の秋。

もうなんでもアリな気もしますが、要するに何をしても楽しい時期ってことなんだと思います笑(テキトーかな…)

皆さんはどの「〇〇の秋」がしっくりきますか?

 

僕は最近「読書の秋」を楽しんでいます!

 

 

 

今僕が読んでいるのが、「決断=実行」という本です。

この本を書いたのは落合博満さんという方で、一言でいうと元プロ野球選手・監督です。選手としては史上最多3回の三冠王を獲得したレジェンド、監督としては8年間のうち4度リーグ優勝、一回の日本一経験している「名将」として知られています。

そんな落合さんはなぜ「名将」になれたか。そこに繋がる落合さんの考え方がこの本には詰まっています。

 

とはいえ、もちろん僕自身がプロ野球選手や監督になれるわけではありません笑

落合さんもこの本の最後に書いてありますが、この本を読むことで落合さんの考え方をまねするのではなく、「落合博満はこう考えてこういう決断をしたのか。じゃあ自分はこう考えてこう決断をしてみよう」と感じることに意味があるのだと思います。

 

他の有名人の方が書いた仕事に関する本や、有名な小説をたくさん読んできましたが、人それぞれの感性に基づいて、本の内容をとらえるというのが本の醍醐味なんだということを改めて実感させられています。

 

↑大学に入って作り始めた読書ノート

色んな人の考え方が記された本を読むようになってから、読むだけではなく書いて整理するようにもなりました。

 

とまあ、ここまで本の勧めを偉そうに書いてみましたが、僕も決して根からの読書家ではありませんでした。むしろ中高生の頃は勉強や部活動に専念してたまに友達と遊ぶ、という過ごし方をしていました。ところが、大学に入って自分の時間が増えて、今までできなかったこともできるようになりました。その時間の過ごし方の一つとして読書に目覚めたわけですが、色々な人の考え方を知ったり、作家の世界を味わったりするのは楽しいことだな、とすごく思います。

 

 

↑自宅にある本棚の一部

小説から漫画までいろんなジャンルの本を買っては読みを繰り返しています。

人生の中でも、本をじっくり読める期間は限られると思います。皆さんもぜひ、「読書の秋」を楽しんでみてはいかがですか?

 

P.S. 最後に夏の思ひ出を一枚

 

↑邦ロックが好きなので

ROCK IN JAPAN FESへ

本を読むときとは対照的にはしゃいできました!