皆さんこんにちは!医学部保健学科 検査技術科学専攻2年の中村華心と申します。

あっという間に夏が終わり気が付けば10月が目の前ですね。勉強の秋まっただ中の皆さんに向け、引き続き合格体験記を紹介いたします!

 

○受験区分

AOⅢ期

 

○勉強面

私が受験した医学部保健学科のAOⅢ期入試は、以下のように2つの選考がありました。

 一次選考→センター試験(現在では共通テスト)の点数に基づいて判断

 二次選考→・英語

      ・面接

ここでは一次選考にも軽く触れつつ、二次選考の対策を中心にお話いたします。

 

【センター試験】

 センター試験に関しては苦手科目の対策をもっと早く始めておけばよかったというよくある悔恨を述べるにとどめておきます。耳にタコができるほどよく聞くフレーズですが、本当にこれにつきます。苦手科目はやり過ぎて困ることはないので、今頑張っている皆さんには目をそらさずに向き合ってほしいです。

 

【英語】

 長文問題を解くときに意識していたのは読むスピードです。私は先に設問を見たり、長文を部分的に読んだりと効率的な解き方をするのが苦手だったため、最初に急いで文章を全部読んでいました。文を意味のまとまりごとにスラッシュで区切り、単語を追うのではなくそのまとまりを追うイメージで読み進めます。大まかなニュアンスを掴むことが目的なので頭の中で細かく訳しはしません。私はこの読み方に慣れるまで、過去問の半分程度の長さの英文を毎日1つは読むようにしていました。自信が無い時は解き終わった、あるいは読み終わったあとに日本語訳を確認して自分が思い描いていた内容と合っているか確認しました。回数を重ねると読む速度が上がり、加えてセンター試験の現代文にも応用を利かせることができたので個人的にお気に入りの方法です。

 演習後は分からなかった単語や表現の意味を調べ、メモしました。中には演習を重ねる中で何度も出会う単語もあり、最初は暗記できずとも遭遇を繰り返すうちに自然と意味を覚えることができました。

 

【面接】

面接練習時に意識していたのは次の3点です。

 ①何を尋ねられているのかきちんと把握すること

 ②自分が伝えたいことを明確化し簡潔に答えること

 ③自分の志望理由に詳しくなること

 

 まず①と②についてです。なんのひねりもなく当たり前に大切なことですね。しかし私は日常会話において、まわりくどい話し方をして本題から逸れてしまう習慣があるため、この2点には本当に気をつけました。

 次に③についてですが、面接では出願時に提出を求められる志望理由書に基づいた質問も多くされます。志望理由自体の深掘りはもちろん、用いた医療系の用語や触れた研究についても覚え、尋ねられたら答えられるようにしました。本番でも用語の意味を質問されたのでぼんやりと理解するだけではなく言語化して説明できるようにしておいて良かったです。

 

○生活面

 私は23時を過ぎるとどうしても眠くなりきちんと勉強することができなかったので、24時までには就寝し、朝は6時半くらいに起きていました。家で頑張ることができない分、ありとあらゆる隙間時間を活用し学校で勉強していた記憶があります。

 また、私は12月後半から予想外の事態に見舞われて実家が慌ただしくなり、センター試験の辺りまで急遽叔母の家にやっかいになりました。人生には受験生に優しくない展開もあります。もし急な環境の変化が訪れたとしても、焦ることなく柔軟に対応できる部分は対応し、自分のペースを守れる範囲で守ることをオススメします!

 

○受験前日・当日

 受験前日はホテルのチェックイン時間までに受験会場の下見を済ませました。土地勘が全く無いこと、バスや地下鉄といった公共交通機関に不慣れだったこともあり不安になりながら星陵キャンパスへ向かいました。隣接する大学病院と大学、どちらがどちらか分からなくなるという困った事態も起き、これが試験当日でなくて良かった、と心の底から思いました。

 ホテルではニュースを見つつまったり過ごしました。勉強すると思考がネガティブな方に引っ張られそうだったので、知らない英単語をまとめたノートを軽く見るのみにとどめました。

 当日の朝はバスが遅れて少し焦った記憶があります。試験の時間には間に合いましたが、心の余裕のためにも1、2本早いバスにすればよかったと思いました。特に冬場は積雪や凍結で路面の状況が良くないこともあります。ぜひ早めの行動を心がけてくださいね。

 

○最後に

私の合格体験記は以上です。参考であれ息抜きであれ、この体験談が何かしらの形で皆さんの受験の一助になったら幸いです。

皆さんが晴れやかな気持ちで春を迎えられるよう願っております!

 

こんにちは!東北大学文学部2年の今泉杏梨です!

今日であっという間に9月も終わり、受験生のみなさんはますます受験勉強に力を入れていく時期かと思います。そんな皆さんへ向けて、今回のブログでは先日の「現役東北大生の合格体験記②」「現役東北大生の合格体験記③」に続く合格体験記第4弾として、私が受験生だった頃のことを書かせていただこうと思います。少しでも受験生の皆さんの参考となれば嬉しいです!

○受験区分

一般前期試験

 

○勉強面

各科目の勉強法などもお伝えしたいと思ったのですが、すでに自分に合った勉強法を見つけているよ!という方も多いのではないかと思い、ここでは、10月から2月の前期試験当日までどのような勉強をしていたかという時期的なお話をしていけたらと思います。

このブログを読んでくださっている方の中にもAO入試 II期の受験を考えている方がいらっしゃるかもしれませんが、実は私もAO 入試II期を受験しました。そのため9月下旬から10月末までは、高校の授業とその予習の時間以外はほとんどAO II期の小論文対策や活動報告書などの出願書類の文章を考える時間に充てていました。(この時間配分が後に仇となったので、この時期に少しでも二次試験レベルの問題に触れておけば良かったなと今となっては思います。)

11月になり、前半は11月半ばにあるAOII期の面接試験対策を主に行い、その合間に国立二次試験用の応用問題集を少しずつ進めていました。11月後半に入ってからはその国立二次試験用の問題集をメインにして勉強を進めていたと思いますが、結局AOII期の選考からは漏れてしまってかなり落ち込んでいたため、正直受験勉強には全く身が入っていなかったと思います。

12月からは何とか気持ちを切り替えて、当時のセンター試験対策に全力を注ぎました。ここからセンター試験までは前期試験のような記述問題にはほとんど触れず、マーク式の問題しか解いていませんでした。マーク式の問題ばかり解いていると記述問題が解けなくなってしまうのではと不安に思う方もいるかもしれませんが、ここまでしっかりと二次試験レベルの問題に触れられているのなら(ここ重要!)、そこまで心配することはないと思います!

センター試験が終わってからは、東北大やその他併願校の過去問を解いては見直すというサイクルをひたすらこなしていました。私はここで10月から11月にかけての時間配分のミスが響いてしまい、2月にもなって出願しているほとんど大学の過去問が初見であるという状況に直面し、かなり焦りました。そのため、センター試験対策を始める前までに少しでもいいので志望順位の高い大学の過去問や相応のレベルの問題に触れておいた方が良いと思います!

ここまで受験勉強の時期的なお話をさせていただきました!特にAOII期と一般前期の両方を視野に入れている方の時期感の参考になればと思います!

 

○生活面

日付が変わる前には寝て、最低でも6時間は睡眠を取るということを意識していました。寝る間を惜しんで勉強している友人の話を聞くと、「こんなに寝ている自分は大丈夫だろうか」と焦る気持ちもありましたが、ベストな睡眠時間は人によって違うから仕方ないと言い聞かせていました。他にも周りと比べて焦ったり落ち込んだりすることがありましたが、その度に「他人は他人、自分は自分」、「受ける大学が違うのだから比べたって仕方ない」と言い聞かせていました。(行き過ぎると、自分の中での言い訳になってしまうので要注意!)

 

○受験前日・当日

仙台にはお寿司や牛タンなどたくさんおいしいものがありますが、受験前日にお寿司を食べて当日にお腹を壊したという経験談を聞いたことがあったので、受験前日の夕食には消化の良いうどんを食べました。また、参考書を開いても焦るだけだと思い、あまり勉強はせず、ホテルではテレビを見たり湯船にゆっくり浸かったりなど、とにかくリラックスすることを心がけました。

前日の行動が功を奏したのか、受験当日の朝はすっきりと目覚めることができました。しかし、眠くならない程度に朝ごはんを食べたところで事件が起こります。なんとセンター試験の受験票を忘れてきてしまったのです(二次試験では二次試験の受験票とセンター試験の受験票の両方を持っていかなければなりませんでした)。宮城県外の自宅に置いてきてしまっていたため取りに帰れるわけもなく、泣きそうになりながらとりあえず受験会場へ向かいました。最終的には仮の受験票を発行してもらうことができたので事なきを得ましたが、焦りと不安に駆られてどうにかなりそうだったので、ぜひ皆さんには持ち物の確認は何度も行なってほしいと思います!

 

○最後に

合格体験記第4弾、いかがでしたでしょうか?正直、参考になるような話ができたか自信はありませんが、受験は千差万別なので、「そんな先輩もいたのね」くらいの軽い気持ちで読んでいただけると嬉しいです!

また、私がセンター試験の受験票を忘れたように(そんな人ほとんどいない)、受験期にはトラブルに見舞われることも多々あるかと思います。ですが、そんなトラブルも受験当日には「あれもこれも乗り越えてきたのだから大丈夫!」と皆さんの自信につながっているはずです。今頑張っている皆さんに、それぞれの春が訪れることを心から願っています!

最後までお読みいただきありがとうございました。