投稿日:

こんにちは!

去年メル7に参加しました、歯学部1年の榎戸です。

今回は、ツアー4日目に体験した多文化体験プログラムについてお話しします!

 

多文化体験プログラムで私は幼小学校を訪問しました。

そこでは、日本語の授業にTAとして参加し5歳児の子どもたちと交流しました♪

日本語の授業専用の教室があり、ちゃぶ台を囲み、座布団に座るという和なスタイルで授業が行われていました✨

 

授業では、まず、日本の教育テレビを見て、先生と子供たちと一緒に歌ったり踊ったりしながら楽しく日本語を学んでいました!

 

次に、皆で折り紙をし、ブーツを折りました!

日本文化である折り紙でブーツを折るって、なんだかオシャレですよね(^^♪

 

日本語の授業の先生が折り方を説明し、日本語での色を教え、私たちもお手伝いしながら子どもたちと一緒に楽しく折りました。

 

折り終わったら、折り紙のブーツにお絵かきをしました!

 

同じちゃぶ台を囲んでいた子どもたちは、私に、「これはパパにあげるの♪」とか「これ何の絵だと思う?」など、たくさん話しかけてくれました!

 

隣に座っていた女の子は、私が描いたウサギの絵をこっそり見ながら真似して自分のブーツに描いてくれてました!(*’▽’)

 

それを見て、日本人のこどもと同じだなぁと思いました☺

 

子どもたちは幼いために難しい英語を遣わないし、私たち日本人学生が英語をほとんど話せないことを分かっていないからこそ、思ったままに気さくに話しかけてくれました。

そのおかげで、自然な会話ができたのが新鮮で嬉しかったです✨

 

 

幼い子どもたちと交流したことで、心が通じ合ったり、何かを一緒に楽しんだりするのには、言葉や国の違いは関係ないのだと気づくことができました!!

 

皆さんもぜひ、多文化プログラムで幼少学校訪問してみて下さい!

可愛い可愛い子どもたちが待っていますよ♪