みなさんこんにちは😌

今回のふらっとブログ担当は、経済学部2年の國井(クニイ)です。

 

ついに私の番が回ってきてしまいましたね…!

このブログを書いているのが2/2。ちょうど一昨日全てのテストが終わりました👏

ジャン!これが今セメスターの時間割でした。

紫の授業は4単位の専門科目です。しかもそのほとんどが出席点や再試が無いテスト一発勝負…。テストが終わった今、後は単位がもらえることを祈るしかありません。

 

こうして、つら~いテストが終わるとやってくるのは、みんな大好き春休み。大学生の春休みは2ヶ月もあるので、実家に帰省する人もいれば、旅行に行く人もいます。ちなみに、私はサポートセンターで新入生のお迎えをしていますよ~!

 

てなわけで、仙台で春休みを過ごすことになりそうな予感がする今日この頃。私はこの春休みに、テスト期間できなかったことをしようかなと思っています。

 

それはもちろん…「読書」です!

(そんなことかよ!というツッコミが聞こえてくる気がしますが、あえてスルーさせていただきます)

 

読書するためには、「本」が必要ですよね(当たり前ですが)

みなさんはその「本」をどんな基準で選んでいるのでしょうか?

好みのジャンルから選んだり、好きな作家さんの本を選んだりと、様々だと思います。

 

私は表紙で本を買う、いわゆる「ジャケ買い」をすることが圧倒的に多いです。

好みの表紙の本を持っているだけで、もうルンルンですね🙋‍♀️💕

というわけで突然ではありますが、この冬読んだ本の中からクニイ的オススメの本をいくつか紹介したいと思います。

ジャジャン!!これで表紙の好みがバレますね。

 

1つ目は小路幸也の「すべての神様の十月」です。

この本を最初に見たときは、この表紙ではなく、書店員が作った別なカバーがかかっていました。なんとなくカバーを開いてみると…?なんと!この表紙が出てきたと、いうわけです(伝わりますかね?)

その時の感動をそのままに、レジへ直行しました。

本の内容は、日本の八百万の神様が出てくる短編集です。

優しい雰囲気の中に少し切なさを感じる文章。ですが、読み終わった後はきっと幸せな気分になれると思います!

 

2つ目は恩田陸の「七月に流れる花」です。

夏休みにこの作者の小説を読んでから、私のお気に入り作者の一人になりました。(その時の小説もジャケ買いでしたね…)

私はボタニカル柄が好きなので、この表紙はまさに好みど真ん中でした。お気に入りの作者の本ともなれば買わない理由がない…!という感じで購入しました。

この本は、主人公の女の子が全身緑色の「みどりおとこ」から夏の林間学校の招待状をもらうところから始まります。

夏のお話にも関わらず、終始仄暗く冷たい雰囲気が漂う小説ですが、最後には感動が待っています。

この本には続編的なものがあるので、春休み中に読みたいですね。

 

もう少し紹介したいところではありますが、長くなりそうなのでココまでにします。

自分の好みの表紙で買う「ジャケ買い」。みなさんの本を選ぶ際の選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょうか?思わぬ本との出会いがあるかもしれません。

 

ちなみに今はコレを読んでいます。

ジャジャジャン!!!

本屋大賞にノミネートされている三浦しをんの「愛なき世界」です。まだ少ししか読んでいないので、続きが絶賛気になっております。

他にも本屋大賞ノミネート作品で気になっているものがあるので、後で買おうと思います👌

私の春休みは、読書三昧な春休みになりそうです。

 

2月に入り、寒さも一段と厳しくなってしまいました。

ぜひ体調には気をつけていただきたいです。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

ではでは、次回もお楽しみに~👋💕

みなさんこんにちは!

農学部資源環境経済学コース2年の草野真由です。

 

このブログを書いているのは1月末ですが、仙台は厳しい寒さが続いています。

朝玄関を出ると雪がどっさりと積もっていることもあります。

そんなときは「雪ですねぇ~(*´∇`*)(東北のハワイ出身)」としみじみする反面、「自転車で大学まで行けないってなると歩きかあ・・・ん?急がないと授業に間に合わない!」と慌ただしい朝を迎えます。

冬の時期は天気予報の確認が必須となりますね。

 

さて、突然ですがみなさんは大学に入ったら何かやってみたいことはありますか?

部活やサークル、アルバイト、留学、ボランティアなど、色々ありますよね。

 

ここでは特に「サークル」について紹介したいと思います。

まずは、東北大のサークル事情について。

サークルは部活と比べて自由度が高く、気軽に参加できるのが特徴です。

雰囲気はわりとゆるめかなと思います。

活動頻度はサークルによってまちまちですが、掛け持ちしたりアルバイトと両立したりする学生も多いですね。実際、私はサークルを掛け持ちしていますが、いずれも月に数回の活動なのでゆったりとしたキャンパスライフを送っています。

続いて、新入生歓迎会(以下、新歓)の話に移りたいと思います。

4月になるとほとんどの部活やサークルが新歓を行います。

お菓子を食べながら先輩とお話ししたり、活動を体験したりできて楽しいイベントです。ごはんをごちそうしてくれる太っ腹な団体もあります(この積み重ねで4月分の食費を浮かす勇者もいるとか笑)

新歓を通して部活やサークルを決めるわけなんですが、どれにしようか迷う学生が多いです。

 

私もその1人でした。

というのも(個人的な話になります)、高校では部活に熱中したので大学ではゆるめのサークルに入り自由な時間を謳歌したいなと考えていましたが、いざ新歓に行ってみると部活を続けるのも魅力的だなと思ったからです。

さらに、東北大には部活とサークル合わせて約170もの団体があるので、そんなに多いなかから選びきれないという理由もありました。

 

それでも、サークル紹介のパンフレット(入学式で配られました)をじっくり読んだり、いくつかの新歓に参加して雰囲気を感じたり、先輩方に気になる情報(活動頻度や部費)を聞いたりして…なんとか決めました。

結果、大学では自由度を優先しつつ新しいことに挑戦したいという思いから、3つのサークルに入りました。

振り返ってみると、自分が大学生活をどのように過ごしたいかをしっかり考えたうえで、サークル選びができたのは良かったなと思っています。

 

ここまでの話は部活・サークル選びの一例です。

新歓時期は、友達を誘って気になる新歓に行ってみましょう!

 

最後に、ちょっとだけサークル紹介をしたいと思います。

 

私が入っているサークルの1つ、

『人形劇団星座』です。

「人形劇??なにそれ、初めて聞いた」というみなさん!

実際の講演の様子がこちらです↓

みなさんお馴染みのパペッ○マペッ○さんの3~5人バージョンというのがイメージしやすいかなと思います。

ここでは歴代の部員が手作りの人形を使って、子ども向けの劇を行っています。

保育園や子どもまつり、学祭などでの講演をメインに活動しています。

講演の前後では子どもたちと触れ合うことができ、とても癒されます(*^^*)

 

 

ここで、受験生のみなさんへ

受験勉強はラストスパートの時期かと思いますが、大学生になったらやってみたいことを考えるといい息抜きになるかなと思います。

みなさんの力が発揮されるように祈っています。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

それでは、次回のふらっとブログもお楽しみに!

以上、草野でした。