皆さん、こんにちは!文学部2年の藤井紗良です。

いよいよ3月も終わりに近づきましたが、今年は新型コロナウイルスの影響で様々な行事が変更になり慌ただしい日々を送っている方も多いのではないでしょうか?春は別れの季節でもありますが、出会いの季節でもあります。皆さんに4月にお会いできることを楽しみにしています!

 

さて、今回ブログを書くに当たって何を書くべきか色々迷いましたが、春休みに大学のプログラムで2週間スペインに行ったのでその時のことを書こうかと思います。

私は東北大学が行っているFL(Faculty of Led)というプログラムを利用してスペインに行きました。FLについては以前にも別の人が書いてくれていたので興味がある人はぜひそちらも読んでみてください!

 

私がFLに参加したのは第2外国語としてスペイン語を選択していたので、スペイン語を上達させたいと思ったからです。あとは単純にスペインに行ってみたかったからですね。

 

私が参加したプログラムは2週間マドリードに滞在して、基本的には午前中はスペイン語を学び、午後は現地の大学生と交流したり、スペイン料理を作ってみたり、マドリードの町中を散策してみたりというものでした。

実際に作ってみたパエリア

 

午前中の授業では向こうの大学の先生がスペイン語でスペイン語の文法や語彙を教えてくれたんですが、意外と2週間という短い期間でも最後にはなんとなく日常会話が分かるくらいには上達しました。私もたどたどしいながらスペインの学生やレストランでたまたま隣に座った人と意思疎通ができてとても嬉しかったのを覚えています。

とても月並みな感想ですが、海外に行ってみて良かったなと思うのは文化の違いを肌で感じられるところですね。パーソナルスペースの取り方も違えば、好まれる料理の味付けや本屋さんの本の並べ方など様々なところに日本との違いを見つけ、自分がマイノリティーであるということをひしひしと感じました。逆にベジタリアンに対する反応とか日本と似たところもあったり、日本食レストランがあちらこちらにあったりと共通点を見つけるのも楽しかったです。(日本食レストランは高級でただの冷奴が500円もしました!信じられないです!)

海外に行くということに対してなかなかハードルが高く感じたり、不安に思ったりする人もいると思います。実際治安については気にしないといけない部分もありますし、新型コロナウイルスのこともあって差別的なことを言われたことも無くはなかったです。ただそれ以上に親切な人がとても多く2週間ずっと楽しかったですし、留学という形だからこそできたことがたくさんあります。そんなに心配せずに興味のある人はぜひぜひチャレンジしてみてくださいね!

 

マドリードの夕焼け

 

白雪姫のお城のモデルとなったトレドのアルカサル

こんにちは。理学研究科数学専攻修士1年の高塚です。

 

普段は、数学という変人の集まる世界で日々暮らしています。

とはいっても、数学は紙とペンがあればどこでもできるため、研究室に行くことは稀ですが笑

 

今回は、2月上旬に終了した私の就活の話を少ししていきたいと思います!

 

これを読んでいる方の中には、就活なんてまだ先の話だと考えている方も多いと思いますが、実際就活はどんどん早期化していて、今や大学生になった瞬間から考えるべきことになりつつあります。

なので、ぜひこれを読んで知識として蓄えてください。

 

 

²  就活で行う3つのこと

 

就活では、3つやることがあります。それは、

・自己分析

・業界・企業分析

・選考対策

です。

 

簡単にいうと、以下の3つが必要になるということです。

・自分を知る

・社会を知る

・能力を高める(コミュニケーション能力・思考力など)

 

しかし、これら3つは学部3年生や大学院修士1年になってから始めるのでは、手遅れになってしまいます。

それぞれについて詳しく話していきます。

1.  自分を知る

 

自分を知る方法には次の2つがあります。

 

過去を振り返る

過去を振り返るのには、「モチベーショングラフ」と呼ばれるものをよく使います。過去の出来事で自分の感情の起伏やモチベーションの上がり下がりをグラフ化することで、可視化していきます。これを行うことで、自分に大きな影響を与えた出来事や、自分が何に対してモチベーションが上がるのかがわかってきます。

 

ちなみに僕のモチベーションが上がるトリガーは、「知的好奇心×かっこよさ」です。

 

これをする上で大切になることは、過去の経験がしっかりあるということ。

過去によりたくさん様々なことにチャレンジしていればしているほど、見えてくるものを多くなります。

 

そのため、学生生活では様々なことにチャレンジすることが大切です!

 

・未来を描き、逆算する

僕のオススメ本でもある7つの習慣』の第1の習慣から第3の習慣までをとりあえず読むとことをおすすめするのですが、

 

自分の死後、周りの人からどんな風に思われたいか?

それを想像し、そこから自分のミッション・ステートメントを定めていく。

そして、そのミッション・ステートメントに従って生きていく。

 

自分のミッション・ステートメントを決めるのは、なかなか難しいのですが、「決める・検証する」を繰り返すことでより良いものになっていくので、ぜひ取り組んでみてください。

 

 

2.  社会を知る

就職活動をする上では、世の中の流れや時事ニュースにも目を向けなければいけません。

 

就職活動が本格的に始まってからは、しっかり業界研究や企業研究も必要になりますが、それまでは、ニュースアプリなどで情報を仕入れる程度で良いのでいておくと何かしら役に立つと思います。

 

個人的オススメは、Newspicksです。

有料ですが、学割で500円で様々な情報を手に入れられるのに加え、オリジナル番組も見れてかなり面白いと思います。

 

3. 能力を高める

最後はコミュニケーション能力や思考力、主体性を高めることについてです。

 

これに関しては、本当に学生生活が重要になってきて、就活が本格化してから選考対策をしようと思っても、効果はたかが知れています。

本当に就活のタイミングで他の人と差をつけたいのであれば、大学生活の経験が重要です。

 

これに関する僕のおすすめは、手前味噌ではありますが、創造発見塾に参加し、まず大学生活のはじめに学び、大学生活で鍛えていくことです。

https://newlife.u-coop.or.jp/tohoku/juku/

 

以上が3つの(就活のために)大学生活ですべきことです!

 

就活を終えた東北大生の話だと思って、参考にしたい方は、ぜひ参考にしてくだい。

 

以上、理学院生の就活体験記でした。

 

次回もお楽しみに!!