こんにちは。私はメルボルンツアーに参加した、看護1年の水野綾香です。

 

今回のブログでは、3日目の多文化体験プログラムで行った、ボランティア体験について紹介します♪

 

私は、オーストラリアのリサイクルショップ「Salvos Store」でボランティアをしました。おそろいのエプロンがユニフォームです。

今回は、商品の仕分けや、修復、商品を店頭に並べる仕事をしました。

一緒に働いた店員さんはとてもフレンドリーで、わからないことを聞くと笑顔で教えてくれました!

私の友達は、なんとお客さんに話しかけられて、英語で接客もしたそうです…!

 

 

 

お仕事をした後は、働いたリサイクルショップでお買い物タイム♪

 

お店の中を見ていたら、お仕事中お世話になった店員さんに「ちょっと来て~」と言われて、行ってみると…

 

なんと、お店の服の中から似合うものを選んでくれました!

 

選んでもらった服はとてもかわいくて、私は2着も買ってきてしまいました♪

そのほかにも可愛い食器や花瓶が安く売られていて、お買い物はすごく楽しかったです!

 

働いて、お買い物をした後は、お店の店長さんからお店についてのお話を聞きました。

 

その中でびっくりしたことが2つあったので紹介します

 

まず1つ目!

 

なんとこのお店、売られている商品は全て寄付されたものなのです!

メルボルンの市民から寄付されたものを、直したりきれいにしたりして、店頭に並べます。

商品は無償での提供にもかかわらず、たくさんの寄付が集まっていました。

(写真は、お店に出すために修繕する作業をしようとしている現場です)

日本のリサイクルショップというと、商品は買い取りが当たり前なので、メルボルンでは無料であんなに多くの寄付が寄せられるんだな、と驚きました。

 

続いて2つ目!

なんと、店員さんの3分の1がボランティアなのです!

日本のアルバイトのように、シフト制でボランティアをしています。

日本でボランティアというと、特別なもので1日限定のものも多いので、ボランティアを毎週のルーティンとして行う、ということに驚きました。

 

店長さんも、今はお給料をもらって働いていますが、最初はボランティアから初めたそうです。

 

ボランティア体験を通して、仕事に対する考え方や、お店の人の働き方など、たくさんの異文化を発見できました。

また、学ぶ以外にも、優しい店員さんと一緒に働くのはたのしかったです!

貴重な経験ができたし、いい思い出になりました。
また次回のブログもお楽しみにしていてください!

みなさん、こんにちは。2018年度の「メルボルン異文化体験ツアー7日間(以下、メルボルンツアー)」に同行職員として参加した、東北大学生協新生活サポートセンター職員の松野光希です。

このブログを読んでいるあなたは、きっとメルボルンツアーに興味を持っているのかなと思います。

わたしは昨年、ツアーの全行程に参加学生に同行する「同行職員(そのまんまですね)」という立場で、人生ではじめてメルボルンの地に降り立ちました。

このブログでは昨年のメルボルンツアーの行程をリレー形式でいろいろなライターたちが書いていきますが、わたしからはツアーの前回水野さんが紹介した「市内クエスト」の次の日に行われた、現地大学生との交流の様子を書いていきます!

 

この企画は、文字通り現役バリバリのメルボルン大学の学生さんたちと、ツアー参加者が交流する内容なのですが、大きく分けて

 

(1)メルボルン大学を一緒に歩いてみよう!

(2)実際にメルボルン大学生とゲームでお話してみよう!

 

という2本立てで行われました。

 

メルボルン大学で日本文化を学んでいるMichaelとEmmaに先導してもらい、グループに別れて大学を散策。

日本の大学とは、また違った雰囲気。キャンパス内で昼寝をしている学生さんもいて、誰もが勉強もしつつリラックスできる、そんな場所なのだなあ、という印象を受けました。

このお二人が右からMichaelとEmmaです!その横にいるのは現地でコンダクターをしていただいたKanaさんです。

キャンパス案内中は緊張してなかなか現地の学生さんとお話できなかった参加者たちも、その後の自己紹介ゲームでは、打ち解けていましたね!

 

“Your Favorite…”というテーマに沿って、自分の好きなモノ・コト・ヒトを交流していきます。

班で円になり、お題に答える→次の人に回す→班の全員が回答したら終了、というルールでした。

興味深かったのは、英語のみしか使えない時間の後に、必ず日本語OKの時間を設けており、その時間になると現地の学生さんも日本語を解禁!

英語では聞けなかったことを日本語で質問することもできました。

MichaelもEmmaも日本語ペラペラでした…!

 

キャンパス案内のときはガチガチであまり会話も弾まなかった参加者たちも、ゲームを通じてすっかり心が通じ合ったのか、最後の別れは名残惜しそうでした。

 

市内クエストでメルボルンという異国の地に放り込まれた参加者たちは、同世代の現地学生との交流を通して、自分と同じくらいの年齢の人たちでも、住んでいる環境による考え方や価値観が異なることを肌で感じました。

 

さて、この後はどんなコンテンツが続いていくのでしょう。次回のブログもお楽しみに!