こんにちは!農学部応用生物化学科3年の三木恵理香です(^○^)

さてさて、ブログ担当が私に回ってきたわけですが、皆さん今までの記事読んでいただけましたか?

私もどんな記事を書いているのかなと思い読んでみたのですが、とってもおもしろいものばかりだったので、ぜひぜひ読んでもらいたいなあと思います!

そして中には、「もう全部読んでいて、今回のブログを楽しみにしていたよ!」という方もいらっしゃるのでしょうか。

こんな方々がたくさんいらっしゃることを願いつつ、ありがとうございますとごめんなさいを先に言わせてください。

最近を振り返って、大学生らしいきらきらした記事を書こうと思っていたのですが、年末年始に帰省したときでさえ、ためていたレポートに追われていた(この結果を反省し、2018年目標は、「計画的実行」にしたいと思います笑)私には、ネタになるような出来事もとくにない事実に直面してしまいました。

さあ大変大変。

ということで、下手にきらきら大学生感あふれる記事を書こうとすると自爆しそうなので、当たり障りのない私のいつもの日常を書いていこうかなあと思います。

面白さを出していけるよう最大限努力してまいりますので、どうぞ最後まで読んでくださると嬉しいです(切実)

 

朝 8:00

三木ⅰ

私の家は片平キャンパスの近くなので、いつも片平キャンパスの「レストラン萩」という食堂で朝ごはんを食べるところから私の一日スタートです(インスタ映え…?!笑)

名前からもわかるように、ここの食堂はカフェというかレストランみたいな、すごくおしゃれな食堂で、一般のお客さんでもリピーターが多い、おすすめの食堂の一つです!

少しお値段高めですが、東北大学に来た際にはここの食堂で優雅にお食事、なんてのもおすすめです!(^^)!

9:00~18:00くらい

三木②

そして地下鉄に乗り、青葉山に今年度から新しくできた農学部キャンパスにやってくるわけです!

ほんとに、とってもきれいなんですよ!!これが!!

位置エネルギーの高さ故に、(特に1限の授業前は)足が重たく感じることもありますが、地下鉄の駅から出て農学部キャンパスが見えてくると、元気になるから不思議です(笑)

ということで、一見の価値あり!ぜひ遊びにきてください~(^^)

 

そしてそして。

この農学部キャンパスで授業やら実験やらやり、私の一日は過ぎていくのですが、最近は実験をしている時間が多いかな、という印象です。

ちなみにどんなことやってるかというと、

三木③

粉と液体を混ぜて、機械にかけて、

三木④

粉ができあがります。簡単ですね!!笑

ちなみにこれは、有機化学実験でやった反応のうちのひとつで、ジベンジリデンアセトンを生成する反応でした!!

こんな風に実際に授業で習った反応を、実際に手を動かして見ることができるのは、なんだかんだ楽しいですよ~

最近は実際の実験動画がインターネット上でたくさん見ることができるので、化学の勉強をしている人は、勉強の息抜きに見てみるのもおもしろいかもしれませんね(^O^)

 

夕方から夜にかけて

三木⑤

実験が終わってまだ元気のある時や課題に追われているときは、実験後に図書館で勉強してます。

農学部の図書館も新しいためとってもきれいで、テスト期間は他の学部の人もいたりと大変混みあっております。。。

毎日夜遅くまで図書館を利用することができるので、家だとだらけて勉強できない私はよくお世話になってます(笑)

今も実はテスト期間で、テスト前日に一夜漬けにならないよう今回こそは頑張ろうと思います…!!(フラグ)

 

まあ何はともあれ、私はこんな感じで毎日を過ごしてます(^○^)

学年が上がると勉強することも難しいし、実験長いし、忙しいしで、最近あんまり女子大生っぽい生活送れてないなあ、と寂しくなることもあります。率直な感想を言いますと(笑)

ですが、やっぱり自分の興味を持った内容をたくさん勉強できますし、一緒に実験やらなにやらやってる友達もおもしろい人たちばかりなので、これはこれで大学生活楽しいなあと思ってます。ほんとですよ!!笑

 

今回は私の大学生活しかお伝えすることができなかったのですが、少しでも皆さんが東北大生になったらどんな生活ができるのか、イメージしてもらうきっかけになってもらえれば嬉しいです…!!

受験生の皆さんは今、最後の追い込みという感じでしょうか。

ですが、あともうひと踏ん張りすれば、ほんとに楽しい大学生活が待っています!!こんな私が言うのも何なんですけど!!苦笑

あったかいココアを飲みながら、風邪だけはひかないように、あともう少し頑張ってくださいね!!

私も陰ながら応援しています(*^^*)

 

それではこのあたりで、私の担当は終わりにしようと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

次回はおもしろい記事が読めますので、またこのブログに遊びに来てください~(^O^)/笑

受験生の皆様、はじめまして。

 

文学部人文社会学科4年の宮崎里沙と申します。

 

実は私、先週の金曜日(1月5日)に卒業論文を提出致しました。

 

本当に提出日当日って何が起こるか分からないので、

 

重要なことはしっかりと計画的に進めて当日何が起こっても対処できるようにしておかなければならないな…と実感、いや、痛感した一日でした。

 

…本当に生きた心地がしない一日だった……。

 

本当は他にも書くネタがあれば良かったのですが、最近特にこれと言って書けるような出来事もなかったので、先週の卒業論文提出日のドタバタについて書こうかなと思います。

 

今となっては笑い話ですが、笑いごとじゃないですよね…。提出に失敗すれば留年ですから。

 

 

重要な日に一番怖いのは寝坊ですよね。私は眠るのが大好きで寝ている時間は至高と思っている人間なので、寝坊はよくしてしまいます。

 

ギリギリまで卒業論文を完成させなかった私は(※くれぐれも真似しないでください)卒業論文提出前日夕方から提出日の朝6:30頃まで研究室に残っていました。

 

その時に、万が一トラブルがあって提出締め切りギリギリに論文が出せなくなると困ると思い、中身が不十分でも、とりあえず出したという事実を確実に作るために、卒論の仮原稿(まだ修正する予定だった)を印刷して、表紙をつけて後は提出するだけの状態にして自分のレターケースに入れてから帰りました。

 

表紙に提出前にすることメモ(写真参照)を表紙に貼り付けて。

DSC_0508

【提出前にすること(あくまで仮原稿)】

①謝辞書き直し→差しかえ

②修正ありならそこを差しかえ(ページがずれたら丸ごとさしかえ?)

③寝坊厳禁

 

 

 

③寝坊厳禁…寝坊厳禁……!!あれだけ書いておいたのに!!

朝7時頃に帰宅して寒さのあまりに朝食を食べながら暖房前でうずくまった徹夜明けの私は、睡魔に負けてそのまま深い眠りの沼に落ちてしまったのでした……。

 

これが運の尽きだった。

 

目が覚めたのは昼過ぎで、論文の最終確認をお願いした教授からのメールが届いていたのでそれに急いで返信し、論文を修正し、論文の謝辞を書き直していたら既に13:30頃…。

 

印刷しようとしたら家のプリンターの調子が悪くて印刷できず、研究室も込み合っていたら困るため、慌ててセブン〇レブンのネットプリントで印刷できるようにファイルのアップロードを試みるも、しばらく利用していなかったため、ログインに必要なメールアドレスとパスワードを忘れており、ログインするまでに5分以上のタイムロス…。

 

普段だったら別に何とも思わないのですが、締め切りに追われているこの時は1秒のロスすら憎く、焦りは募るばかり(正確には16:50締め切りなのですが、この時私は16:00締め切りだと勘違いしていたので尚更)。

 

無事になんとかファイルをアップロードして、急いでシャワーを浴び、身支度を整えて、家を出られたのは14:30を少し過ぎたころ。

 

通学路にセブン〇レブンは3件。しかし、トラブルで印刷できなくては困るので、まずは最寄りのセブン〇レブンへ。

 

幸い先客がおらず、よっしゃあ!印刷してやるぜぇぇぇぇぇぇぇ!!と印刷を開始。すると、まさかの用紙切れのエラー発生!

 

手際のよい店員様のお陰でなんとか難を乗り越え印刷を済ませ、お礼(というより慌てて家を出たため飲み水を忘れただけ)に飲料水を1本購入して慌てて研究室へ。

 

穴を空けて表紙をつけて綴じようとして、表紙に「2017年度卒業論文」と印刷したつもりが「2017年度」としか書かれておらず、慌てて研究室のパソコンを起動して「2017年度卒業論文」と打ち直して印刷。既に時刻は15:30(まだ締め切りは16:00だと勘違いしている)。

 

完成した卒業論文を手に文学部棟へダッシュ。何とか無事に卒業論文を提出し終えることが出来ましたとさ。

 

 

無事に提出出来たから良かったものの、寝坊して昼過ぎに目が覚めた瞬間から、(提出できずに)「留年」の二文字が脳内にちらついていたので、正直生きた心地のしない数時間でした。

 

これから東北大学に入学される皆さんは大丈夫だと思いますが、くれぐれもこんな間抜けな大学生にはならないでくださいね。

 

私の今年の目標はずばり、「前もって計画的に物事を進める」です。

 

大事だと分かってはいるんですけど、いつもこれが出来ないんですよね…。

 

トラブルメーカー宮崎は、4年前の東北大学二次試験前日に仙台で体調を崩して寝込みました(笑)

 

受験生の皆さんも、当日のハプニングには十分気を付けて、万全の体制で試験に臨んでくださいね。(私じゃないんだから大丈夫か……(汗))当日実力を最大限に発揮できることをお祈り申し上げます。

 

それでは次は、新生活サポートセンターでお会いしましょう!ご来場、心よりお待ちしております。