皆さんこんにちは。

 

工学部2年の中山です!

最近は寒い日が続いていますね、皆さんお体は大丈夫でしょうか。

僕は前から友達と約束していたディズニーランドに行けなくなってとてもショックを受けています。コロナ、ユルサナイ。

 

(代わりに江ノ島に行ってきました。)

 

ディズニーランドには行けなくなりましたが、僕は旅など遠出するのが好きです。

大学生のうちにいろんなところに行ってみたい!

そう思っている人も多いのではないでしょうか?

 

ただ、1つ問題点があります。

 

大学生には時間があってもお金がありません!!!

 

そこで、旅の中で一番キーになるのが交通費。

今回は大学生が遠出する際どういう手段を使うのか、まとめてみようと思います。

 

  • 高速バス

(いい写真がなかった・・・)

自分の周りではこれを使っている人が多いと思います。東京まで6時間ほどかかりますが夜行バスなどで行けば忙しい人でも時間を有意義に使えるので非常に便利です。値段も例えば仙台―東京であれば平日3000円くらいなので移動距離当たりのコスパは強いです。

一つ欠点を挙げるとすれば乗り心地ですかね。6時間ほぼ同じ体勢なので尻がつぶれそうになります。隣の人の有無によっても大きく乗り心地が違うので、下車後体力が必要になるイベントがあるときは疲れが残ったまま過ごすことになるかもしれません。少し課金して広めのシートのバスに乗るのも手だと思います。

 

  • 新幹線

(北陸新幹線。かっこいいが仙台では見れない。)

 

その特徴は驚異的な速さです。仙台―東京を大体1時間半で結びます。僕も忙しいときや時間がないときはこれを使います。自称鉄道マニアの自分にとっては毎回乗りたいところですが、距離当たりのコスパは最悪。上記区間で学割を使っても1万円前後もかかります。僕の実家は山梨なので、新幹線や特急を乗り継ぐと往復3万もかかってしまいます!!!高すぎてなかなか手が出ません。ただ、乗り心地は抜群に良いので自分のバイトで稼いだ状況に応じて使うのもアリだと思います。

 

  • 普通電車

(仙台の普通電車、後ろに新幹線の車庫がある。)

 

僕が愛用しているのはこの普通電車です。移動時間は一番長く仙台―東京間は7,8時間位で、乗車料金は学割を適用して5000円程度です。あ、今高速バスの下位互換だと思いましたね?通常期はそうですが、実はこの乗車料金は時期によって非常に安くなります。春、夏、冬の三つの期間では「青春18きっぷ」というものが存在します。これは1日当たり約2300円でJRが乗り放題になるもので僕は一人旅や帰省などで乱用しています。2300円で1日中どこまでもいけるなんて夢がふくらみませんか?

 

 

さて、最後はまるでJRの職員みたいな発言をしてしまいましたが、大学生が移動に使う手段は上記三つが多いです。他だと、帰省先が西日本の人は飛行機、大勢で移動するときはレンタカー、海を見たい人は船を使う人もいます。

 

高校時代だとこのような長距離移動はあまり頻度が高くないので移動とコストを考えるのは大学生になってからで、自由度が高いけどお金はない大学生ならではの悩みです。ここで話したように移動手段一つとっても結構幅があります。皆さんも旅に行くとき、帰省するときはぜひ様々な手段を調べてみてください!経験にもなりますし、何か新しい発見があるかもしれませんよ!?

 

みなさん、こんにちは!文学部2年の小室です。文学部と言っても専攻は史学なので、文章力にはあまり期待せず読み進めていただけるとありがたいです…笑

 

暖冬の影響もあって、最近は仙台でも暖かい日が多いです。春がもうそこまで来ているなとうれしくなる反面、花粉が怖くて夜しか眠れません…とまあ、ひとすべりしたところで本題に入ろうかなと思います!

 

今回のお話は、旅のすすめです。旅というと大袈裟ですが、要するに数日間タイトなタイムラインに沿って行く旅行ではなく、出発と帰りの日程だけ決めた気ままな旅をしてみるといいですよということです。こんなに偉そうに書いている僕も国内旅しかしたことはないので説得力には欠けますが…。

 

ここからは僕が旅をしていて感じたふたつのことについて書いていきます。そのふたつが旅をおすすめする理由です。

ひとつは、自分の社会的役割を一度捨てられるということです。大学生になるとサークルやバイトなどいろんな集団に属する機会が増えます。それはそれでとても楽しいことではあるのですが、ふとそれらの集団の中での役割に疲れるときがあります(僕だけかもしれないですが笑)。旅に出るとそうした役割からはいったん解放されるのでとても気楽です。

 

もうひとつは、素の自分と向き合えるということです。そんなのいつだってできると考える人もいると思いますが、意外と素の自分というのは見えていないものです。旅に出ると、開放感からなのか疲れからなのか、良くも悪くも素の自分が見えます。普段は社会的役割を全うしようとして、自分らしさを隠してしまうのかもしれませんね。いずれにしても、旅をするなかで「自分ってこんな考え方をするんだ」とか「こんなことが得意or不得意なんだ」と知ることは多々あります。

 

人によって旅に出る理由は様々あると思います。現地の人とふれあいたいとかいろんな幸せの形をみたいとか。でも、どんな理由があるにしろ、旅は自分を知るいい機会になると思います。なので大学生になって時間ができたら、一度だけでも旅をしてみることをおすすめします!

 

以上、旅のすすめでした!

 

こうして書いているうちに旅欲が高まってきたので、今年の夏はしれっと海外逃亡でもしようと思います。笑