掲載の情報は2017年度のものです。2018年度入学者向け情報は夏頃に更新いたします。

防災セット販売開始のお知らせ!

3月13日(月)より、新生活サポートセンターホームページでの防災セットの販売を開始しました。

3月11日で東日本大震災から6年が経過しました。東北大学のある仙台市内は震災当時の傷跡から復興してきた一方、沿岸部を中心に、未だ震災当時の状態が残る地域もあります。しかし時間の経過とともに、私たちはあの時実感したはずの、当たり前に電気がつき水道から水が出るありがたみを忘れてはいないでしょうか。

昨年4月に熊本を大きな地震が襲いました。地震や津波、台風などの自然災害は、私たち人間にはコントロールできません。ならば私たちにできるのは、もしもの時に乗り切れるための「そなえ」を日常からおこなうことです。

この度東北大学生協では、東北大学の教職員とともに、防災セットを選定しました。実際に東日本大震災に直面したときに、災害後の3日間にあればよかった、あってありがたかった食料や情報、日用品がまるごと詰まったセットになっております。ぜひ仙台で新生活をはじめるこの機会に、ご自身の「そなえ」について考えてみてはいかがでしょうか。

セット内容

  1. そのまま食べられる非常食セット
    • 非常用保存水500ml×3本
    • フリーズドライビスケットバーセット×3箱
    • えいようかん×3本
    • イシイの非常食セット
    • 防災たいさく手帖×1部
  2. 救急シート サバイバルシート G/S
    • 金銀両面対応 約210×130cm
  3. tplinkモバイルバッテリー
    • 5V/2.4Aの入力/出力電流をサポート
    • 5,200mAh(iPhone6 約2回分)

防災セットの購入はこちらから 

*