掲載の情報は2018年度のものです。2019年度入学者向け情報は秋頃に更新いたします。

学生総合共済とは

日本全国たすけあいは70.5万人のイメージ

学生総合共済は学生どうしのたすけあいを制度化したものです。

東北大学生協では、みなさんに健康で安全な大学生活を過ごしていただくために、もしもの時のための保障として「学生総合共済」とおすすめの保険についてご案内しています。
学生総合共済は、皆さんの掛金が困っている大学生の共済金となる「たすけあい」の保証制度です。

今、このたすけあいの輪は、全国211大学生協・約70.5万人以上に広がっています。東北大学でも新入生の74%が加入しています。

共済の仕組み

※学生総合共済は、大学生協の学生組合員が加入できます。


大学生協の保障制度の3つのおすすめポイント

活動範囲の広がる大学生活には、たくさんのリスクが潜んでいますが、中でも、部活やサークルによるケガや、通学中の事故、「自然気胸」「胃腸炎」等の病気など、大学生に起こりやすいリスクに対する保障をそなえています。

2016年度に多かった病気
1位自然気胸
2位急性虫垂炎
3位歯の発育、萌出異常

給付件数の多い病気第一位は「肺気胸」です。肺気胸は、平均入院日数が9日と、他のランクインしている病気と比べて長めです。その分入院費用は大きな負担となってしまいます。生命共済は、病気の入院1日目から共済金が申請できるので、金銭面でも安心です!

2016年度による入院・通院・手術
1位スポーツ事故
2位交通事故
3位日常生活中の事故

また、事故・ケガでは、「スポーツ事故」が最も多いです。スポーツ系のサークルを考えている方はもちろん、授業でスポーツの単位が必須となる学部もあります。思いっきりスポーツを楽しむために、万が一にそなえることが大切です!

2016年度の給付状況グラフ

2016年度一年間で東北大生への給付は834件6,614万円ありました。ケガや病気なんて、他人ごとと思っている方が多いかもしれませんが、なんと東北大生の13人に1人が給付を受けていることになるんです!
大学生活を心置きなく楽しむためにも、何かあった時のためのそなえが大切です。きちんとそなえて楽しい大学生活を送りましょう!

共済・保険の相談は、各キャンパスにある生協窓口で行うことができます。
生協窓口は、川内南(文系四学部)以外のキャンパス全てにあるので、学年が上がり、キャンパスが移動しても学生一人で、授業の合間などに相談や手続きを行えるので安心です。

給付申請の流れ

1
怪我をしたイメージ

ケガをしてしまった!

2
共済カウンターの様子

病院での治療が終了したら共済センターへ!

共済センター

3
窓口で記入の様子

職員の説明を聞きながら必要な書類を記入します。

4
共済金を受け取って喜ぶイメージ

書類を提出すると、所定の日数以内にご指定の銀行口座に振り込まれます。

共済加入者は「学生生活無料健康相談テレホン」を利用することができます。健康状態に関する悩みや人間関係・進路の悩みなどについて専門の相談員に相談できるサービスです。プライバシーは厳守いたしますので、どんなことでも安心してご相談ください。保護者の方もご利用できます。
また、学生委員による予防活動も行っています。何かあった時に支えるだけでなく、何かある前にも学生を支えるのが共済の役目です!

学生と職員が一体となった病気・事故の予防活動

自転車・バイク無料点検会

自転車・バイク無料点検会の様子

11月に実施されたプロによる自転車・原付バイクの無料点検会の様子。学内での実施なのでちょっとした空き時間にチェックできます。

健康安全フェスティバル

健康安全フェスティバルの様子

5月に開催された健康安全フェスティバルの様子。アルコールパッチテストや飲酒体験ゴーグルなどで新入生に事故の予防活動をしています。

共済ボード

共済ボードの写真

毎月の共済の給付状況と健康安全の記事を記載し,より充実した大学生活を組合員に送ってもらうことを目的とした掲示板です。

おすすめ2つのプラン

東北大学生協では、学生のみなさんが安心して大学生活をおくるための「安心プラン」「基本プラン」をおすすめしています。

おすすめプラン概要
おすすめプラン概要

詳しい保障内容はこちらをクリック!!

大学生協の保険

学生生活110番
※学生生活110番は共済・保険とは別のサービスです


加入手続きのしかた

共済保険加入に必要な書類は、入学準備資料の中に封入されています。資料請求フォームよりお取り寄せください。 (Webでの加入手続きはできませんのでご注意ください。)

共済パンフ
学生生活110番パンフ
申込書イメージ

手続きが不安な皆さんへ

是非新生活サポートセンターにご来場ください!共済推進員の資格を持ったスタッフが、学生総合共済の説明・手続きのお手伝いをさせていただきます。皆さんのご来場をお待ちしています。

東北大生協の共済センター窓口案内
東北大生協の共済センター窓口案内

東北大生協の共済センター窓口案内

*