皆さんこんにちは!工学部新二年の田村旭です。

新入生の皆さん、入学に際して様々な不安、お持ちだと思います。😢

バイト、サークル・部活動、授業の難易度、etc…

けれど、なんといっても不安な要素はオンライン授業だと思います👀

ここで今回は、先輩方にインタビューを行ってオンライン授業のの感想を聞いてきました💪

これで新入生のオンライン授業がより有意義になるといいなと考えています!

オンライン授業とは?

 その前に!

 突然ですが、皆さんはオンライン授業が大きく分けて2種類あることをご存じでしょうか?

 そもそもオンライン授業って何だろう?と疑問をお持ちの方もいるかもしれませんね。

 まずは2つの「オンライン授業」について説明しますね!

 一つ目は、「リアルタイム型」。

 リアルタイム型オンライン授業では、ZoomやGoogle meetのようなアプリケーションを介して先生の講義に参加します。

 パソコンさえあればどこでも授業が受けられるのが魅力的です。

 開講時間は対面式授業と同様になっている場合も多いので、アプリケーションを早めに立ち上げてパソコンの前で待機しておきましょう!

 二つ目は、「オンデマンド型」。

 オンデマンド型オンライン授業では、先生があらかじめ作成した、講義が収録された動画を視聴することで学習します。

 動画を視聴する場所だけでなく、時間も自由に決められる点が魅力的です!

 一方で、「後で見ればいいや…」とオンデマンド授業用動画を貯めてしまう学生が頻出しています。

 講義の動画には視聴期限がつけられているものも少なくありません。皆さんはオンデマンド授業を貯めないように注意してくださいね!

それではここからは先輩方のインタビューです!

経済学部新3年 T.Y.さんの場合

Q1.オンライン授業と聞いたときの最初のイメージは?

動画での授業になりそうで、今までよりつまらなくなりそうで不安でした。対面よりも、受け身がちになって得るものが減りそうな気がしていました。

Q2.オンライン授業で感じたメリットは?

 好きな時間に受講できることですかね。本来授業がある時間でも、オンデマンド型の授業であれば、都合のいいタイミングで授業を受けることができて便利でした。

 また、気になったところは何回も見返せるので、納得がいくまで学べました。

Q3.オンライン授業で感じた不安だった面は?

出席の取り方が変わったことですね。出席点をとらない授業が出てきたことで、テスト1発勝負だった授業があって大変でした。

Q4.オンライン授業に対して工夫した点は?

 数少ない話をできる授業を大切にするために、普段よりも一層準備をしてから望みました!!

Q5.新入生へのメッセージをお願いします!!

オンラインは対面より差ができやすいとおもいます。授業の取り組み方等様々な要因があると思います。やろうと思えば努力できるところはたくさんあると思います。オンラインだからこそできることを駆使してリードしてください!!

(田村) やっぱり、オンラインと対面では授業の性質が異なって勝手がちがいますよね。テスト一発でミスしたりと考えると、、、😖 オンラインになったことで生徒の自由度が増えている印象ですね!

工学部新2年 H.M.さんの場合

Q1.オンライン授業と聞いたときの最初のイメージは?

 友達が作りにくそうだなぁと思いました。

Q2.オンライン授業で感じたメリットは?

わからないとおもったところを遡って再生できるところがいいと思いました。

Q3.オンライン授業で感じた不便な面は?

友達が実際作りにくいのが大変でした。自分に本当に身についているかも確認しにくいですし、自分が不安になった点を聞く機会が少ないのも大変でした。

Q4.不満に対して工夫した点は?

オンデマンドの授業は時間割上の時間の1日後に投稿されるのでそれに対応した時間割をつくっていました。

また、質問するためにSLAのサービスを利用していました。親身に対応してくださり、非常に助かりました!

Q5.新入生へのメッセージをお願いします!!

サボれてしまうので差ができやすいです。自己管理ができるように頑張ってください!!

(田村)SLA!学校のサービスを有効活用できていますね!

SLAは先輩に質問ができるサービスです!!皆さん優しいのでどんな些細な質問でも気になったらしてみるといいですね!!

▽気になった方はこちらをどうぞ▽

工学部新2年 H.A.さんの場合

Q1.オンライン授業と聞いたときの最初のイメージは?

 友達が作りにくそうで不安を感じていました。

Q2.オンライン授業で感じたメリットは?

好きな時間に視聴できるのは大きいと思いました。

Q3.オンライン授業で感じた不便な面は?

  スライドが進むのが速いとノートをとるのが大変でした。画面の画質の都合で、板書の文字が判読不能な時とかもありました。また、友人が作りにくかったことから、誰かに不安な点を聞きにくかったです。

Q4.不満に対して工夫した点は?

スライドの写真を撮ったりしました。

また、理解を深めるために教科書とスライドを混ぜて自分用のノートを作っていました。

Q5.新入生へのメッセージをお願いします!!

大学に入ると様々な出会いがあります!なかなか友達を作るチャンスは少ないので、そのチャンスを逃さないでください!!

(田村)自分用のノートを作るのは大切ですね。どうしても授業がスライドでハイテンポだと、ノートをとるのを忘れてしまいがちなんですよね。自分から意識的にわかりやすい形で残しておけるといいですね。

最後に

先輩のいろいろな話を聞くことができましたね!

ほかの先輩では画面を録画することで何回も見直すことに魅力を感じていた方もいらっしゃいました。

皆さん、様々な不安を感じているかとは思いますが、先輩の意見を参考にして、よりよい大学生活を送ってください!!