Posted on

はじめに

みなさんは大学で何か挑戦したいことはありますか?

「はっきりはないけど、新しいことやってみたいな~」 そんな人は多いかもしれませんね。

大学生は今までよりも自由に自分のことが決められて、 はじめてに挑戦するのにうってつけの時期。

みなさんの先輩である工学部機械知能工学科1年生のJくんも はじめてに挑戦した1人です。

Jくんは昨年の夏、メルボルン異文化体験ツアー7日間に参加しました。

海外への不安、メルボルンで感じたこと、帰ってからの気持ち… そんなJくんの「はじめての海外体験」をみながら、大学生活での挑戦について考えてみましょう!

 

海外に行く前の気持ち

留学には興味はありませんでしたが、海外旅行には行ってみたいと思っていました。

ただ自分の英語力と治安が不安でした。

英語が通じなかったら辛いし、海外でトラブルになったら怖いなと… でも、新生活サポートセンターで先輩スタッフの話を聞いて、海外に行ったことがなかったから行ってみようかなと思い始めました。

生協で紹介してもらったメルボルン異文化体験ツアー7日間の説明会に参加したときに、英語を話せなくても楽しいと聞き、そんなに頑張らなくてもいいかもと感じました。

また、プログラムが組まれているので慣れない海外で予定を組む必要がないこと、全日程で引率のスタッフによるサポートがあると知って、安心して挑戦できるなと感じました。

事前研修でも持ち物や準備を丁寧に教えてくれて、初めてでも行きやすさを感じました。

  

メルボルンでの体験

特に印象に残ったのがクエストでした。

メルボルンに着くとすぐにグループで協力して現地で有名な観光地を探したり、名前を調べる、「クエスト」に挑戦しました。 スマホを禁止され、頼れるのは地図と周りを歩いている現地の人。

もちろん質問は英語でしかできません。

最初は英語の自信もなく、緊張して話しかけられませんでした。

また、話しかけた際に英語で答えを聞き取るのにも苦労しましたが、その中で現地の人の優しさを感じ、とても嬉しかったのを覚えています。

あとから聞いたことなのですが、メルボルンは多国籍の街で観光客も多いことから、現地の人も話しかけられることに慣れているそうです。

自分のチームには福島大、山形大、岩手大の学生がいて、役割分担しながらクエストを進めていきました。

僕は地図担当で、女子3人がリーダーシップを発揮して、引っ張ってくれました。

建物, 屋外, 人, 通り が含まれている画像 自動的に生成された説明 このクエストや現地の方との交流を通して、言葉が通じなくても地図を指差したりジェスチャーで伝えたり単語をうまく伝えたりすることで、コミュニケーションを取れると感じました。

一方で、言語の壁は感じて、英語をちょっと頑張ろうかなという気持ちになりました。

  

新入生に向けて一言

海外に行ったことがないけど行ってみたい人には、僕も行ったメルボルン異文化体験ツアー7日間に行ってみてほしいなと思います。

期間は一週間なので、楽な気持ちでいくことができました。

留学や海外研修が長いなと思っている人におすすめです。

職員さんがついてきてくれて、飛行機の取り方を教えてくれたりするので、安心な旅でした。

ツアーは旅程が組まれていますが、毎日自由時間があって、夜ご飯を食べたりお土産を買いました。

一週間でいろんな体験ができました。

「クエスト」で現地に暮らす人たちと直接関わったり、日本とは違う街の様子を見たりできました。

それから、このツアーでは現地の小学生や中学生、大学生と交流できたり、ペンギンなどを見られたりしました。

普通の海外訪問ではできない貴重な経験がたくさん出来るのも、このツアーのいいところだと思います!

メルボルンはカフェが多くてコーヒーが美味しいので、僕はツアー中に2,3回行きました(笑)

個人的には一緒に行った他の東北の大学の学生と仲良くなれて楽しかったです。

岩手出身なので、岩手大の子と岩手トークに花が咲きました。

このツアーを通して、意外と海外いけるなと少し自信がつきました。

今はまたメルボルンに行きたいなって思ってます!

 

終わりに

以上、Jくんのはじめての海外体験記でした! 

初めは不安いっぱいだったJくんも、メルボルンでの体験を通して海外への不安が小さくなり、また行ってみたい!と思うようになりました。

海外に限らず、はじめてのことは不安でいっぱいです。

そんな中で、とりあえず1回やってみる。

それだけで見える景色は変わります。

無理に大きなことに挑戦をする必要はありません。

挑戦をすることに立派な理由も必要ありません。

ちょっとできそうかもと思ったこと、何となく興味を惹かれたことから、始めてみましょう。

その一歩を積み重ねて、わくわくに満ちた大学生活を送ってくださいね。

さあ、あなたはどんな「はじめて」に挑戦しますか?

  

取材・文: 工学部2年 橘 優希
     農学部2年 原田 龍之介

Jくんが参加したメルボルン異文化体験ツアー7日間についての詳細はこちらから↓

https://newlife.u-coop.or.jp/tohoku/standby/study/overseas/

関連記事