みなさんこんにちは!

工学部化学・バイオ工学科1年の蟇目百香です。

AO2期で合格されたみなさん、本当におめでとうございます🎊

実は私も昨年、AO2期で合格しました。2次の合格発表日の2日前に40℃の高熱を出し、信じられないほど体調が悪い中合格発表を見たという少し悲しい思い出があります…。笑

みなさんは合格の実感が湧いてきた頃でしょうか?

大学生活、ぜひ楽しみに待っていてほしいと思います!

 

本日私がご紹介するのは、

🌸合格後の高校での過ごし方について🌸

です!

私が実際にやっていた、あることをお話ししたいと思います☺︎

 

それは

📚本を読むこと📚

みなさんはまだ高校に通っていると思いますが、周りの友達が勉強している中、自分だけ勉強しないのは少し申し訳なさを感じませんか、、?

私の高校は、卒業式ギリギリまで全員強制登校で、空きコマも学校にいなければならなかったので、正直とても暇でした😓

 

そこで私は学校の図書館で小説を読み始めました📚

黙々と本を読んでいると、周りの受験生の勉強している雰囲気にも溶け込めます!笑

 

小説の魅力…それは

📚小説の世界観にのめり込めること📚

 

特に図書館は静かなので、小説の世界にのめり込むことができます🧚🏻‍♀️

簡単に非日常を感じることができます!

 

外出しづらい今にぴったりだと思いませんか??

 

去年の今頃は、小説の世界に浸る感覚がとても良いなぁ、なんで今まで本を読んでこなかったんだろうなぁ、と、未熟ながらも感じた思い出があります笑

 

あ、私は実は本を読むのがあまり得意ではなかったんです。

ですが、当時は暇だったこともあり、図書館にあった、住野よるさんの本を読破しました!

 

小説ってとても面白いんですよ!

 

早く受験を終えたからこそ味わえた、ちょっとした楽しみでした。当時は本を読むために高校に行っていたと言っても過言ではない……笑

私のようにあまり本を読まない人は、住野よるさんや、有川浩さんの本が読みやすく面白いのでオススメです☺︎

 

ここで、本が苦手な私でも楽しめた、おすすめの本ランキングトップ3を紹介したいと思います!

 

🥉百花

 川村元気/著

 文藝春秋/出版

感動もののお話だから、泣けるドラマとか映画とか好きな人には特にオススメです!認知症になった母とその息子のお話で、切ないけどあたたかい世界観に引き込まれます。読み終わったとき私はなんだか家族に会いたくなりました。

 

🥈イマジン?

 有川ひろ/著

 幻冬舎/出版

少し厚い本ですが、章ごとに別な話になっているので読みやすいと思います。憧れの映像制作の業界に飛び込んだ主人公が奮闘する明るいお話で、とても面白いです!

 

🥇青くて痛くて脆い

青くて痛くて脆い

 住野よる/著

 KADOKAWA/出版

私たちと同じ大学生の話です☺︎登場人物の少し醜い感情が、認めたくないけどわかる!という感じでのめり込めると思います。あとは、途中でなるほど!となる展開があって引き込まれました。

 

私のおすすめの本トップ3をご紹介しました🙆🏻‍♀️

どれも複雑な表現が少なくて読みやすく、またいつのまにか小説の世界にのめり込んでしまっているような、そんな面白い本です📚

ぜひ読んでみてください!

 

また、興味がある方は、大学生向けの啓発本などを読んでも面白いと思います!

 

🌸まとめ:合格後の過ごし方🌸

合格後の過ごし方としては、1つ前の樫村さんのブログも参考にしてみてくださいね!

私も共感しまくりなことがたくさん書かれていました🌟

そして、なんといってもみなさんは辛い受験戦争からめでたく解放されたので、やりたいことが決まっている方はぜひそれを存分に楽しんでくださいね✌︎

 

今回は、合格後の高校生活の過ごし方として読書をオススメしました!

こんな外出しにくいご時世だからこそ、読書を楽しんでみてはいかがでしょうか??

 

このブログを読んで、少しでも読書に興味を持ってくれた方がいれば嬉しいです☺︎

それでは、春に皆さんとお会いできることを楽しみにしています🌸