お部屋さがし

【公式】新生活サポートセンターでは東北大生の先輩と相談しながらお部屋を探すことができます。

新生活サポートセンターでお部屋さがし

新生活サポートセンターのお部屋紹介 新生活サポートセンターのお部屋紹介

新生活サポートセンターでは、
毎年1000人以上の東北大生が先輩と
一緒にお部屋を決めています!

新生活サポートセンターは東北大学の
川内キャンパス内にあります。
ご来場の際には、通学手段も
イメージしながらお部屋を探しましょう。

ひとり暮らし向けアパート

ここでしか探すことのできない、
大学生協が管理しているお部屋

360度画像を公開中)をはじめとして、
新生活サポートセンターでしか見つからない
大学生向けのお部屋がたくさんあります。
セキュリティ付きアパートや
学生マンション
もあります!

食事つき学生会館

初めての一人暮らしの1~2年目の
選択肢としておすすめです。
もちろん、在学中ずっと快適に生活できます。
人気の食事付き学生会館
(一部セキュリティ付き)
の最新情報を
周りよりも先に確認してみましょう!
Nasic、UniLife、共立メンテナンスの3社
全てを漏れなくご確認ください!

食事つき学生会館

学生の声を参考に!

新生活サポートセンターでお客様を
担当するスタッフは東北大生です。

皆さんと同様に、大学に入学してから一人暮らしを
始めたスタッフもたくさんいます。
ひとり暮らしについて、
たくさん聞いてみましょう!
社会人向けではなく、
東北大生にぴったりなお部屋
仙台のたくさんの管理会社から集めています。

学生の声を参考に!

お部屋さがしアドバイス(専攻学部別編)

理系の方は多くの方が初年度で川内キャンパス、高学年で青葉山キャンパス(一部の学科は片平キャンパス)に通学することなります。
東北大生は途中で引っ越しをすることは少ないので、4年もしくは6年住むことを考え、立地を考えましょう。
高学年と低学年の間の移り変わりの時期などに、自分の学部ではどのくらいの頻度でそれぞれのキャンパスに通うのか、先輩に聞いてみてください!

文系の方は多くの方が川内キャンパスに通学することなります。
スーパーの位置やバイトをどこで行うのか、周辺環境を考えながら、お部屋を探しましょう。
東北大生の勉強事情や自習環境、アルバイト先についてなど、先輩から聞いてみましょう!

医学部と歯学部の方は初年度で川内キャンパス、高学年で星陵キャンパスに通学することなります。
東北大生は途中で引っ越しをすることは少ないです。
先輩におすすめな場所を聞きつつ、4~6年住むことを考えて立地を考えましょう!


前のページに戻る