生協インターン

アドバイザーイメージ画像

はじめませんか?
自分のためになること
後輩のためになること

アドバイザー募集説明会
開催日時

5月17日(月)~21日(金)
16:30〜17:00or18:10〜18:40

開催場所

対面:小白川キャンパス大学会館内(山形大学の活動指針次第ではオンラインに変更有)
オンライン:Zoom

お申込み

事前申込が必要です。下記のリンクからお申込みをお願いします。

参加申込
コンスタ募集説明会
開催日

現在日程調整中

開催時間

開催場所

生協インターンとは

大学生協では「人を育てる」をテーマに、アルバイトを通しても学生の成長に寄与したいという想いから生協インターンという名目でアルバイターを募集しています。ただアルバイトをしてお金をもらうのではなく、新入生の成長をサポートするのはもちろん、働いている学生自身が成長できる環境を提供しているという面で、他では経験できないことがたくさんあります。

アドバイザーとは
〜先輩アドバイザーから後輩へのメッセージ〜

アパートなどの住まい提案
新生活用品提案
共済・保険提案
食生活提案
パソコンなどの教材提案
新歓企画の紹介
1 研修サポート

9月~2月にかけて、先輩が手厚い研修会を実施!研修会を終えた頃には、君もかっこいい先輩アドバイザーだ。

2 働きやすい環境

新入生の合格が決まる12月以降のデビューだから、希望があれば他の生協アルバイトも斡旋してくれる。学内のアルバイトだから、シフトの融通もしやすい。同学年とだけでなく、先輩や職員の方とも仲良くなれるよ!

3 キャリアアップ

幅広い業種に関われるからこそ、自分の色々な可能性を感じることができる。よく就活の面接で、“大学では何をしてきましたか?”と質問をされるが、何もしていない大学生は、答えを考える。アドバイザーをやっていると、あふれるように言葉が湧いてくる。違いは明白だ。アドバイザーとしてやってきたことは、後輩のためだけじゃない、必ず自分に返ってくる。

こんなアルバイトは他にない!

はじめよう。自分のために

アドバイザーエントリーシート
エントリー第1次〆切:4月30日(金)
エントリー第2次〆切:5月31日(月)

コンスタとは

講座の風景
講座で受講生をサポート
研修会の風景
より良い講座のためのミーティング中
1 スキルアップ

パソコン活用講座スタッフ「コンスタ」としての活動はパソコンスキルを教えるだけではない。講座の担当班をまとめるリーダーシップ、タイムキープスキルなどを身に付けられる。講座運営を通して、どう説明すれば受講生が分かりやすいか・どうしたら受講生が頑張れるかを考えて、臨機応変な対応もできるようになっていく。大学生としてのスキルアップを望むあなた、私たちとコンスタの活動で自己成長してみない?

2 学生主体

私たちコンスタは、パソコン活用講座を自分たちでどうしたら受講生のためになるかを話し合い、講座の企画・運営をしているよ。より良い講座にしていくため、先輩後輩関係なく妥協せず話し合いをしているよ。自分たちのアイデアが形となって、後輩のためになることに喜びを感じることができる。こんなに自分のアイデアを生かしながら、一つのものを作り上げるという経験のできるアルバイトはなかなかない!

3 スタッフの絆

いろんな学部から集まるコンスタは個性豊かでとても仲が良い。研修会やパソコン活用講座が終わった後は、みんなでご飯に行ったり、カラオケに行ったりしているよ。長期休みにはスタッフみんなで旅行に行くことも…充実した大学生活を一緒に過ごす素敵な仲間がたくさんできる。そんな仲間を君も作ろう!

先輩の声

アドバイザー

この一年間、先輩方や新入生の皆さんから学ぶことばかりで、新鮮な体験をさせて頂きました。ここで見つけた縁、繋がった縁、拡がった縁はずっと大切にしていきたいと本気で思えました!豊かで鮮烈な「学び」の機会を、このアドバイザーでぜひ!!

佐々木 裕紀(総合法律コース 2年)

佐々木 裕紀

あ、やってよかった。
そんなアルバイトを探してみませんか?率直に言いますが、私は「アルバイトは時給が高いほうがいい」と思い込んでいたため、このアルバイトに誘われた当初はやる気が湧きませんでした…。でもやってみると、お金以外の「やってよかった」が数え切れないほど沢山あることに気付きました。色んな価値観の人との出会い、緊張せず人と話せるコミュ力、相手を動かすLINEの使い方など・・・。異性と目も合わせられないくらい人と接することが苦手だった私でしたが(笑)、今ではむしろ自分から声をかけるほどコミュ力UP↑しました!
これだけは伝えたいのですが、コミュ力が低いと思っている人にこそアドバイザーをやってみてほしいのです。私はいま、アドバイザーに誘ってくれた先輩には心から感謝しています。
やってよかったと思える、後悔のない選択を。

野口 翔太(文化創生コース 3年)

野口 翔太

アドバイザーの仕事をする前は、自分が組合員なのにも関わらず生協のことを全く理解していませんでした。入学時の説明会でたくさんおすすめされた商品もその不安からほとんど手を付けませんでした。しかし生協で働きその全体像をつかめた今は自分の意志で取捨選択できるので、今まで見えなかったさまざまなサービスを実感しています。私がおすすめする点はまさにここで、自分の属する組織を知ることは結果的に自分の選択の幅を広くすることにつながるのです。学生第一の団体なので気軽に参加してみてください。

鈴木 奏楽(理学科 2年)

鈴木 奏楽

新入生に最初に会う先輩っていう点は凄くやりがいを感じます。
1つ下の子で実習出て関わった時に「そう言えば見上さんにお世話になって…」って覚えててくれたのが嬉しかった。後は、住まいや共済を研修会で学ぶ中で自分がどういう保険入っていてどういう時に給付がおりるのかとかを見直す良いきっかけになり、住まいも同様に物件・部屋を見る目が肥えたのが収穫かなと思います。
手続きとか・電話へのハードルが下がったのも6年間で大きく成長できた点だと思います!

見上 達(医学科 2021年卒)

見上 達

私はパソコン活用講座でお世話になった先輩に勧められて、アドバイザーを始めました。私はアドバイザーを始めたことで、他学部の先輩・同期・後輩と関わることができとても充実した日々を送っています。ぜひ他学部の方との交流も兼ねてアドバイザーを始めてみませんか?

奥野 ひとみ(看護学科 3年)

奥野 ひとみ

私は初対面の人と話すことが苦手でしたが、アドバイザーの仕事をしていくうちに初対面の人とも話せるようになりました。最初は、自分には向いていない仕事のように感じていましたが、将来のために苦手なことを無くしておきたいという思いからアドバイザーをやってみようと思いました。アドバイザーの仕事は、私のように大学生のうちから将来のためになる経験をしておきたいという方におすすめしたいです!

栗田 玲良(情報・エレクトロニクス学科 情報・知能コース 2年)

栗田 玲良

サポートセンターへ来場した時にアドバイザーを知り、初めてのアルバイトとして学内で安心してできるこの仕事を選びました。1年目はもちろんですが、鶴岡キャンパスへ行ってからも多くの新入生や他学部アドバイザー達と出会えていて、人見知りで消極的だった私も今では人と話すのが大好きです。ぜひアドバイザーにチャレンジしてみてください!

高柳 朋(エコサイエンスコース 3年)

高柳 朋
他にもたくさんのアドバイザーやコンスタがいるので、ぜひ募集説明会に来て先輩の体験談を聞いてください!

詳しいお話はサポートセンターへお越しください。

お問合せ 山形大学生協サポートセンター
0120-61-2525携帯電話からの方は023-624-3701