大学4年間の説明

\ 大学生活4(6)年間をイメージしてみよう! /

大学4年間の主なイベント

大学4年間のイベント

入学式
ほとんどの学生がスーツを着て参加します。
4月初旬の山形はまだ冬の寒さが残るので、厚手のコートが欠かせません。





 

新歓フェス
新入生をサークルに歓迎するためのイベントです。先輩たちが様々な催しをします。部活・サークルを複数掛け持ちしている先輩もいます。

教科書の準備
講義に必要不可欠なテキスト・参考書を便利に確実に受け取れる「教科書共同購入」をご利用ください。

花見
多くのサークルで新しく入部したメンバーのために先輩たちが企画します。

自動車学校
大学生協では1年次の春から自動車学校に通うことをおすすめしており、新入生をサポートします。

花笠まつり

山形の夏といえば、「花笠まつり」!3日間行われるので、ぜひ参加してみてください。

花笠まつり



 

海外・異文化体験

先輩の声
2年次に異文化コミュニケーションという講義で台湾に行きました。言語の壁を感じることもありましたが、異文化体験や現地の人との交流を通して自分の視野を広げることができ、とても良い経験になりました。

ボランティア

先輩の声
私はボランティアサークルに所属し、ゴミ拾いやイベントの運営などを行いました。時には大変なこともありましたが、誰かのために貢献できた時、とてもやり甲斐を感じます。また、サークルのメンバーや社会人の方と交流を深められるのも、ボランティアの魅力です。

アルバイト

先輩の声
アルバイトをすると、自分のできることや交友関係を広げることができるので、お金を稼ぐ以上に得られることがあります。プライベートとのバランスを意識することも大切です!





 

芋煮会

山形の秋に欠かせない行事「芋煮会」は、馬見ヶ崎の河原で行われます。具材や味付けは地域によって異なり、いろいろな味を楽しめます。

芋煮会

TOEIC®-IPテスト

12月に1年次全員が受験するこのテストは英語の講義の成績にも一部反映されるため、試験対策が必要です。TOEIC®は院進学や就活にも関係するので、2年次以降も学習が大切です。

進級(キャンパス移行)

医学部は飯田キャンパス、工学部は米沢キャンパス、農学部は鶴岡キャンパスに移り、より専門的に学習をします。早め早めのアパート探しをおすすめします。



 

基盤教育と専門分野

1年次は社会に必要な幅広い知識を身につけるための基盤共通教育を、2年次以降は各学部学科の専門分野を学んでいきます。

八峰祭・吾妻祭・鶴寿祭

山形大学では秋になると、米沢(吾妻祭)・小白川(八峰祭)・鶴岡(鶴寿祭)の各キャンパスでそれぞれ大学祭を開催します。

山形の冬

山形県内でも地域(キャンパス)によって冬の様子が異なります。山形市も氷点下まで気温が下がりますが、米沢市は3メートルの高さまで雪が降ります。鶴岡市は地吹雪という冷たい風が吹きます。

山形の冬

実習・インターンシップ

3年生になると、教育実習やインターンシップに参加します。インターンシップは働く場のイメージを得るためにも必要です。

先輩の声
実際に子供たちが学ぶ様子を近くで見ながら授業作りに取り組むことができます。教師の仕事の大変さを感じながらも、子供たちの笑顔に何度も救われた実習でした。



 

ゼミ・研究室配属

ゼミは3年前期、研究室は3年後期に配属が決まることが多いです。そのゼミ・研究室でのテーマについて調査や実験を行います。論文を作ったり、学会でスライドを発表したりするので、パソコンスキルも必要です。

就職活動

先輩の声
院進学と就職で3年次の2月まで悩みましたが、就職の方が自分のコミュニケーション力をより活かせると思いました。どちらを選ぶにしても下調べと準備をすることが大事だと思います。

卒業論文・卒業研究

大学での学びの集大成である卒業論文・卒業研究を4年次から行います。就職活動と並行して行うことが多いです。

卒業旅行

大学卒業の記念に友達と旅行に行ってみませんか?行き先に海外を選ぶ人もいます。

卒業式

卒業式は袴を着る学生が多いです。生協では袴のレンタルも承っています。

卒業

あなたはどんな大学4(6)年間をイメージして生活を送る?
先輩の大学生活は新入生サポートセンターで聞けるよ!

新入生サポートセンターについてはこちら



前のページに戻る