入試に向けて

この時期は厚手のコートで寒さ対策をしっかりして試験にのぞみましょう!

当日の持ち物チェックリスト

絶対に必要なもの

受験票
これがないと、試験を受けられません。また万が一忘れてしまったときも、時間に余裕がなければ取りに戻らず、係員に申し出て仮受験票発行の手続きをとりましょう。
お金
知らない土地に行く時は多めに持っていくのがベスト。万が一の場合のタクシー代などに。
保険証
当日、体調をくずしたり……と、もしもの時のために。
筆記用具
消しゴム、えんぴつ・シャープペンは多めにもっていきましょう。消しゴムは転がったりもするので2個以上あると安心。必要な場合は鉛筆削りも。
防寒具
教室で脱ぎ着しやすいものにしましょう。できるかぎり着慣れた、調節しやすい格好で。
時計
アラーム等が鳴らないように設定し、正確に時刻を合わせた時計を用意しましょう。当然ですが、携帯電話は使えません。
各試験で必要な物
入試要項を各自確認するようにしましょう。
チケット
帰りの新幹線やバスのチケットを忘れないようにしましょう。受験会場から乗り場までの行き方も確認しておくと安心です。

用意しておきたいもの

学校連絡先のメモ
念のため、受験票とは別に控えておきましょう。
ハンカチ・ティッシュ
あれば便利。雨天の場合は、ハンドタオル・フェイスタオルもあるといいかもしれません。
携帯用カイロ
指を暖めるには最適。指がかじかんでえんぴつが持てない、なんてことのないように。
靴下や手袋などの替え(雨や雪の場合)
体が冷えたままでの受験は結構大変です。替えたものを入れる袋も用意しておきましょう。
携帯電話・スマートフォン
緊急時の連絡に。ただし受験本番では、電源を切っておくのを忘れずに。
参考書やノート
待ち時間のつなぎや、気持ちを落ち着けるために。ただし荷物が重くなりすぎないように。
常備薬
必要な人は忘れずに。
メガネ
これも必要な人は持っていきましょう。普段コンタクトの人も、念のため持っていると安心です。
かさ
受験当日雪や雨が降ることも予想されます。念のため折り畳み傘などがあると安心です。
マスク
インフルエンザなどの防止のために持っていきましょう。また、暖房などで教室が乾燥していることも考えられるのであると安心です。
飲み物
会場が乾燥していることも考えられます。喉を潤してベストな状態で受験に臨みましょう。

前のページに戻る