東北大での学業に備えて
~講座・英語学習・電子辞書・パソコン~

TOEFL®ITP スターターキット

TOEFL®ITPとは?

TOEFL®ITPは、学術英語における「読む」「聞く」の2技能を図る、世界中で利用されているペーパー形式のテストです。

試験は約2時間近く(115分)にわたり英語のみで行われ、140問のマークシート形式の問題から構成されています。試験はすべて英語で行われます。

東北大学では例年4月に、学部新入生全員を対象としたTOEFL®ITPが実施されています(注)。また、12月にも同試験が実施され、全学教育科目「英語B」における成績評価や、海外留学の申込にも活用されています。

大学受験とは異なる、TOEFL®ITPに合わせた試験対策が必要です。

注:2020年度のTOEFL®ITPの実施有無や日程などに関しては、東北大学へお問い合わせください。

TOEFL ITP TEST01
留学で

東北大学の海外留学プログラム(SAP/FLなど)に申し込む際に、TOEFLのスコアを提出します。長期の交換留学においても留学先の指導言語が英語の場合語学条件に使われています。


TOEFL ITP TEST01
授業で

毎年4月と12月に全学部一斉でTOEFLを受験し、12月のスコアは英語Bの成績評価に例年含まれています。履修の代わりに外国語技能検定を単位認定に用いる制度にも使われています。


TOEFL ITP TEST01
大学院入試で

農学研究科や薬学研究科など東北大学の一部の研究科ではTOEFLのスコアを選抜に使用します。また、東京大学や北海道大学、名古屋大学の大学院入試にも使われています。

TOEFL® ITPスターターキットのおすすめポイント

1 東北大生に合ったレベル
センター試験を突破した人が500を目指せる教材になっています。東北大生のTOEFLの平均スコアは480点なので,成績評価や留学の申込に有利なスコアをとることができます。
2 一度にすべて揃うオールインワン リスニングCDや文法・リーディングの教材から過去問題まで!TOEFL対策に必要な教材がセットになっているので、入学準備で忙しい時期に必要な教材が一度に揃います。
3 自習が続きやすい
日々の勉強を記録するノートや英語を勉強したくなるBOOKなど、自習を続けられる仕組みがあります。また、わからないことはメールで問い合わせることもでき、購入後のサポートも充実しています。

生協パソコンをお申し込みの方へ

大学生活をより豊かに、そして必要不可欠な英語の能力を、受験期の今から衰えないように、TOEFL ITPスターターキットでぜひ維持・増強してください。ご実家、新居に1週間前後でお届けいたします

英語教材

前のページに戻る