掲載の情報は2017年度のものです。2018年度に向けてただ今準備中です。

大学生の食生活について

食堂の様子

高校までと大学に入学してからとで大きく変わるものの一つに「食事」があります。大学時代にどのような食生活を送るかが将来に大きくかかわってきます。

*
大切なコト

その1 食堂の運営

食堂の様子

弘大生協では学生が決められた休み時間の中でも、しっかりと食事が出来るように3つの食堂と4つの購買(お弁当販売、一部イートインスペース有)を運営しています。価格も1食あたり280円〜550円で、その時の状況に合わせて食事をすることが出来ます。

*

その2 ミールカード

親御さんの声から生まれた「ミールカード」「ミールカード」5つの「できる!」
田代さん

農学生命科学部 2年
田代 琴見 さん

『ベストプラン』は親からの保険

初めての一人暮らしの準備の時に、どれくらい食費が必要なのかわからなかったので、1日の限度額が決まっている「ミールカード」は便利そうだと思いました。「ベストプラン」を選んだのは親で、「“必ず食べられる保険だ”と思ってベストにしなさい。」と言ってくれた親には感謝したいです。

私は、3食を朝300円、昼500円、夜500円を基本に利用しています。何を食べたかマイページで見るとわかるので、栄養の五角形を整えるようにしています。学食を利用すると、自分で一人分作るより安いものが多い、時短になる、カロリーや塩分がわかるところがいいです。

休日には、ちゃんと自炊もしています。得意料理は「かぼちゃの煮物」です。

お手紙のイメージ

卒業生のお母様からのお手紙

4年間息子が本当にお世話になり、元気で卒業できることに御礼申し上げます。

ミールカードがあり、食堂をいつでも食べることができると思うと、親として安心して過ごすことができました。帰省してきても、ひどく痩せることも太りすぎることもなく、元気で過ごしていることが伺われました。部活もやり、本当に楽しい一人暮らしだっただろうと思います。お弁当は毎日のように利用していたようです。慣れない雪国の生活は大変だったと思いますが、楽しんで過ごすことができたようです。

食堂の方からも、親元へお便りを送ってくださり、ありがたく拝見しておりました。

健康が基本の日常生活において、バランスよく食べることを支えて頂いて感謝いたします。

ミールカードのご案内

詳細は、弘大生協から送られる資料「入学準備ガイドブック 総合編」をご覧ください
※資料は、受験願書提出時に資料請求用の宛名シールをご記入いただいた方へ送付しています。


【準備中】新生活サポートセンターへの
商品・サービスのお申込み