大学は人生の夏休みと表現される。
今までできなかったことに
たくさんチャレンジできる。
学びたいことが学べる。

しかし、たくさんの選択も迫られる。
その時「できない」という選択肢はいらない。
大学1年生からできること・学べるものを
吸収し続けることで「できる」が増える。
今からできることを増やすのか、
今までの君でいるのかー。

大学は人生の夏休みと表現される。
たくさんの時間を持ちたくさんの人と関り
今まで以上の活躍の場へ進んだ君は
一体何をするのかー。

講座形態

講座は全10回。前半のPCスキルパートと後半のプレゼンスキルパートに分かれています。

第1回 イントロダクション

イントロダクションでは、第2回から本格的に始まる講座をより学びの深いものにするための準備をします。

学びの
準備

(画像)PCLabの様子

学びのサポートをする先輩スタッフのGA(グループアシスタント)との顔合わせや、グループのメンバーとの自己紹介を行います。

自分を
知る

(画像)PCLabの様子

実際にPCを操作して、自分のレベルがどの程度なのか、次回からの学び方をどうするかGAと相談します。

選べる学び方

苦手な人に
おすすめ
追従型
自分の力で
解く!
演習型

PCスキルの時間は自分のレベルに合わせて学び方を選ぶことができます。PCが苦手、初めて自分のPCを持つという人には、GAと一緒に問題を解く追従型。自分のペースで問題を解きたい、わからないところだけ聞きたいという人には演習型がおすすめです。

第2回 Word

レポートを書くために

大学生になると、Wordでレポートを作成する機会ができる。その時に役立つスキルを身につけることができる!

扱うスキル

  • 中央揃え
  • 画像の挿入
  • PDF化
  • 参考文献などの書き方
  • 表・グラフの挿入
  • 図表番号の挿入方法
  • 貼り付けなど

第3~4回 Excel

見やすくまとめる

実験データをまとめたり、レポートを見やすくするときに役立つのがExcelだ。基本的な操作はもちろん、応用的な内容も先輩が丁寧に教えてくれるので安心!!

扱うスキル

  • 四則演算
  • よく使う関数
  • テーブルの作成
  • フィルター
  • 条件付き書式
  • ウィンドウ枠の固定など

第5回 PowerPoint

プレゼンに向けて

PowerPointはプレゼンテーションや卒業論文を発表する時に使うことになる。伝わりやすく、わかりやすいスライドを作ろう!

扱うスキル

  • スライドの挿入
  • 画像・テキストボックスの挿入
  • グループ化
  • アニメーション
  • スライドサイズの変更
  • スライドのコピーなど

第6~9回

グループでつくる
プレゼン

(画像)PCLabの様子

PC Lab.ではグループでプレゼン制作をすることで、プレゼンに必要な基本スキルはもちろん、話し合いの中で自分の考えを相手に“伝える力”や相手の意見を聞く“傾聴力”を養います。

大学生のプレゼンに必要な
スキルとは?

大学生のプレゼンに必要なスキル
大学生のプレゼンに必要なスキル
大学生のプレゼンに必要なスキル

第10回 プレゼン発表

プレゼンの時間の集大成として、第6回から作ってきたプレゼンを同じコマのなかで発表し順位を競います。

自分たちの考えを
伝える

(画像)PCLabの様子

自分たちの作ってきたプレゼンを発表し、先輩スタッフからフィードバックをもらうことで自分のプレゼンの強みや欠点を見つけることができます。

さらなるステージへ
プレゼン大会

(画像)PCLabの様子

第10回プレゼン本発表でコマで一番いいプレゼンをした班は秋田大学本選に勝ち進むことが出来ます。2019年度秋田大学本選では企業の方に審査員としてきていただきました。様々な人と関わり、たくさんの考えに触れ、大きく成長できる場となりました。

スタッフから

ラボスタッフは全員個性的で、そして何より熱意に溢れています!
そんなラボスタッフ計52人いる中から今回は2人を紹介します。もしかしたら、あなたの班の担当になるかもしれません。

(画像)スタッフ

池端雄史

国際資源学部 資源開発環境コース

出身:秋田大学周辺
趣味:ドラマ「ニッポンノワール」を見ながらカップ麺をすする事
Q
ラボの魅力は?
スタッフです。スキルはもちろん一定のPCスキルとプレゼンスキルを持っているのですが、それぞれ得意分野や個性があるので充実した学びと楽しさを得る事が出来ると思います。またスタッフ同士の仲も良いので、メリハリをつけながらもリラックスした雰囲気で講座が進みます。これもラボの魅力の一つだと思います。
Q
昨年度講座で一番印象に残っていることは?
プレゼン大会の敗者復活戦で決着がついた時のその場の雰囲気です。自分の班の受講生は達成感に満ちあふれた表情をしていたし、一緒に戦った班の受講生もやりきったと誇れる表情をしていました。今年度も受講生のそういった表情をみることが出来たらいいなと思います。
Q
新入生へ一言
自分らしく過ごせる空間がラボにはあると思います。そんな空間で私達スタッフと一緒に学びませんか?
(画像)スタッフ

高松美佳

理工学部
数理・電気電子情報学科

出身:栃木県
趣味:アメトークを見ること
Q
受講生時代の思いでは?
プレゼン作製の時間です。納得がいくまで班のみんなで何回も何回も話し合いました。最初は自分の考えを言葉にする事がとても苦手でしたが、話し合いを通して、伝えること・伝わることの楽しさを知りました。この経験はスタッフになった今もとても生きています!
Q
講座中に大切にしている事は?
受講生に満足してもらうために。自分らしく。
Q
新入生へ一言
PCLab.でしか味わえない事がたくさんあります。わたしたちと一緒に大学生活の良いスタートを切りましょう!

Q&A よくある質問

両立することも可能です!自分の時間割が決まってから講座の日程を選ぶことができます。A-Conや授業との移動時間も考慮してあるのでご安心ください。

PCの初期設定をお願いしております。生協PCをご購入の方は付属のセットアップテキストをご覧ください。また、4月にセットアップブースを学食に開設予定なので、分からないことがあればそちらにご参加ください。

AkitaPCLab.は新入生対象の講座になっております。
1年生の今だからこそ受講して欲しいコンテンツをご用意しています。早めにPCスキルやプレゼンスキルをつける事で、他の人と差をつけることも可能です!

友達と受講することも出来ます!講座の曜日・時間帯を決める時にその旨をお伝えいただければ大丈夫です。 また、班ごとの活動を通して他学科の友達を作ることもできるのでご安心ください!

ご質問は までお願いします。

動画紹介

動画は公開に向け準備中です。 お待たせして申し訳ありませんが今しばらくお待ち下さいますようお願い申し上げます。

A-Con(エイコン) 異文化コミュニケーション講座

A-Conは異文化について、コミュニケーションをしながら学び、考えていく講座。A-Con講座内では、日本人学生スタッフと様々な国から来た留学生スタッフとともに、英語を用いて様々なアクティビティを通して「異文化交流」をします。

講座の達成目標はBreak through barrier, border and brick wall!!です。
受講生はA-Conを通して、

  • 言語/コミュニケーションの壁
  • 国境の壁
  • 直面している困難の壁

の3つの壁を打ち破り、最高の大学生活のスタートを切れるよう、スタッフ一同全力でサポートしていきます。
広い視野とオープンな心を持ちたい人、大学4年間の選択肢を広げたい人、英語でのコミュニケーションを実践したい人におすすめな講座です

講座の様子

A-Conの強み

  1. スタッフや受講生はあなたと同じ秋田大学生
    同じ目標・目的を持った友達・先輩ができるかも?
  2. キャンパス内もしくはキャンパスに隣接した場所で開講
    移動に無駄な時間がかかりません。空きコマに受けることも可能!
  3. 様々な国と地域出身の留学生と出会い、様々な文化を学ぶことができる
    これまでに参加してくれた留学生の出身国は、なんと30ヵ国!今年度も様々な国と地域から来た留学生があなたを待っています。
  4. コミュニケーション論を学ぶだけでなく、実践活動のなかで実感できる
    大学の講義にも異文化コミュニケーションに関する授業はありますが、学んだ知識を実践する機会はなかなかありません。A-Conには、毎回班に1人留学生が参加しており、学んだ知識をすぐに実践することができます。
  5. 英語のハードルが下がる
    留学生(相手)の文化を知るために、英語で会話していくうちに少しずつ英語に対するハードルは下がっていきます。A-Conでは、TOEICの対策などは行いませんが、TOEICのリスニングでは様々な国と地域の人が話す英語が聞こえてきます。A-Conを受講したことで、リスニング力が向上したという声がよく挙がります。

受講した場合の大学生活

開講期間:4月中旬~7月初旬の平日
開講時間:①14:30~16:00 (大学の4コマ)
②16:20~17:50 (大学の5コマ)
③18:10~19:40 (放課後)

合格が決まっても秋田大学生協から「入学準備応援パック」が届かない場合は、以下の資料請求フォームもしくは新入生サポートセンターへご請求ください。

WEBからの商品・講座などの新学期商品お申込み

新入生サポートセンター 0120-327-141