こんにちは!今回は学生マンション・学生寮の見学会の様子を紹介します!

見学会は2日間行われ、初日に共立メンテナンス、2日目にUniLifeのお部屋を見学してきました。この様子を軽くお伝えいたします!

共立メンテナンス

エントランスから、ホテルのような綺麗な作りになっており、入り口の検温や消毒の用意もしっかりしていました。

セキュリティーがしっかりしていました。エレベーターを使用する際は、自分の家の鍵を使って階数を指定するようになっていて、自分のフロアに来ることができる人は同じフロアの人だけとなっています。エレベーターを出たすぐ先には360度の防犯カメラが付いていて、そのカメラから映る映像は寮長の方が常に監視しているそうです。

学生マンションということで家具と家電が一通り揃っていて、家の中も綺麗な作りになっています。フロアには有料ではありますが、乾燥機も付いていることから洗濯し終わった後、すぐに乾かすこともできます。

エントランスのある1階では、食事をとることもできます。食事の時間帯ということもあり、とても賑わっていました。食事付きの方を申し込まれた方は、1日2食、朝食と夕食を取ることができ和食と洋食から選べます。見学させていただいた日の夕食は天ぷらでした。

天ぷらはもちろん、味噌汁も非常に美味しく、普段は毎日自炊をしている私は、とても幸せな晩ご飯だなぁと感じました。毎日のタスクである、”料理をしてお皿によそって、最後に使った食器を洗う”ということから開放されます。このような環境は、初めてで右も左も分からない新入生や、学年が上がって忙しくなった大学生にはぴったりですね。

食堂内は寮生で集まってご飯を食べていて、どのグループも楽しそうでした。コロナ禍で友達が同じ生活コミュニティにいるのは魅力的だなぁと感じました

最後になりますが、合格発表前に仮予約が無料でできるそうです。受験の時に色々決まっていると受験当日のモチベーションになるかもしれませんね。早めに押さえるのもおすすめします!

UniLife

次にUniLifeの管理するデュラージュ・一番町とユニドーム川内を見学しました!

大学生協では食事のつかないものを学生マンション、食事がつくものを学生会館と区別してご紹介しています。今回見学したデュラージュ・一番町は学生マンション、ユニドーム川内は学生会館と分類されます。自分のライフスタイルに合わせて、最適なものを選んでもらえると良いと思います。


デュラージュ・一番町は街中で駅やスーパーに近く、ユニドーム川内は川内キャンパスに近いので、東北大生にとって過ごしやすい立地でした。

どの学生マンションにも共通することですが、セキュリティがしっかりしていて、オートロックだったり玄関には宅配ボックスや防犯カメラが設置してあったりするのは安心ですね!

また、UniLifeの方が24時間管理しているので、故障や水漏れなど何かトラブルがあった際にはすぐに対応してもらえます。初めてひとり暮らしをするときに自分で手配を考える必要がないのはありがたいですね。

UniLifeでは家具がない部屋もありますが、家具が一通り揃った部屋も多くあります。

収納がとても多く、備え付けのクローゼットには大人の男性1人がまるまる入れるほど大きかったです!

学生会館のユニドーム川内では、一階に食堂があり朝ごはんと夕ごはんを食べることができます!ご飯はおかわり自由とのことで、特に運動系のサークルに所属したい人にはありがたいですね。

メニューも管理栄養士の方が考えているとのことで、栄養バランスの取れた食事がしっかり食べられます。

この日のメニューはあじフライと和風ハンバーグ、卵豆腐、ご飯、味噌汁、ヨーグルトでした。ひとり暮らしでは、なかなか手の込んだ料理や揚げ物は難しいので、前日同様ありがたいなと思っていました!

味もとてもおいしかったです。また、同じ入館者の学生と仲良くなれるのも学生マンションならではの醍醐味ですね。

以上が学生マンションの見学会の様子でした!

学生マンションは会社や場所によって様々な特徴がありますので、新生活サポートセンターでは、短時間で物件を見比べることができます。

また、大学生協では学生マンションの他にも多くのアパートやマンションのご紹介も行っているので、ぜひ新生活サポートセンターの会場に足を運んでみてください!

こんにちは。工学部機械知能航空工学科2年の直井です。

新生活サポートセンターでお部屋さがしを担当しています!

 

仙台は急に寒くなってきて、秋も終わりに近づいてきました。これまでは三密を避けながら散歩をしたり、図書館で本を読んだりしていましたが、これからのシーズンはずっと家に籠っていようかなと思います。

そんな私みたいな、家にいる時間が多い方に確認していただきたいのが、「プライバシーを守るための設備」になります。こちらのブログでは、プライバシーを守るために必要な、「安全のためのサービス」と「安全を守る設備」、「周辺環境」について説明します。

 

1.安全のためのサービス

まず初めに、安全のためのサービスについてです。ひとり暮らしではこれまでとは異なり、家族などの頼れる人がいなくなります。私の場合ですと、入学してすぐに緊急地震速報がなった際にはどうしてよいのか本当にわからなくなりました。地震のような速報で済めばいいのですが、災害以外にもストーカーに追っかけられた際、近隣トラブルを起こしてしまった際には、どうしてよいのかわからなくなります。そんな心配を軽減して欲しいとの願いから、学生マンションなどの一部のお部屋には「24時間管理システム」がついています。24時間管理システムがあるお部屋に入居すると、万が一の際には職員に電話をかけることにより、的確なアドバイスを頂けます。このほかにも、生協が管理しているお部屋には、キャンパス内にある「住まい紹介センターでの対面での相談」というサービスが最初からついています。

 

2.安全のための設備

次に安全を守る設備についてです。ここでは、「オートロック」、「モニター付インターフォン」と「鍵の種類」について紹介します。4年もしくは6年間生活するお部屋になりますので、このような項目にも目を通していただきたいです。

 

2.1 インターフォン

インターフォンには「モニター」が付いているものとついていないものがあります。うちのインターフォンには下の写真のように、モニターがついています。私事ですが、うちにはテレビがありませんので、たまにNHKの方やセールスの方が訪れてきます。そのような際や、知らない人が訪れてくる際(定期的にあります)には、玄関に向かう前に、モニターを通して相手の顔を確認することができます。玄関を開けずに対応をすることができるので、非常に安心です。うちだけではなく、多くの方の場合も4年間もしくは6年間で、様々な方が訪れてくるでしょう。自分の安全を守るために、お部屋には男女問わずモニター付きのインターフォンがあると安心ですね。

2.2 オートロック機能

オートロックとは、アパートやマンションのエントランスの施錠を、鍵および暗証番号などによって解錠しなければ建物内に入ることができないセキュリティシステムのことをいいます。アパート内には入居者しか入ることができないため、安全な環境を確保できます。

 

2.3 鍵の種類とその構造の違い

最後に、鍵の種類についてです。大きく分けて電子キーと物理的なカギがあります。うちの鍵は「電子キー」になっているため、電子キーの良さについてお話しします。うちの部屋のタイプは、数字を入力するタイプになっています。物理的な鍵の持ち運びがないため、どこかに忘れる心配やなくす心配から解放されました。ひとり暮らしを始めてからそのような恩恵を受けるとは思っていませんでした。

理的なカギについては、その構造によってセキュリティのレベルが変わってきます。例えば、「ディンプルキー」と呼ばれるタイプのカギは、他の鍵とは異なり、特殊加工がされています。すると、ピッキングされにくく、セキュリティが高くなります。電子キーや物理キーだけでなく、その作りまで、鍵のなかにも様々な種類があります。

 

3.周辺環境

お部屋の周辺環境についても確認しなければなりません。わかりやすい例としては、閑静な住宅街か繁華街の中にあるのかが挙げられます。他にも、周辺に住んでいるのが同じ東北大生であれば安心ですし、道路から部屋の中が見えないような構造になっていれば安心です。アパートやマンションによっては女性専用になっているので、同じフロアの方への心配が軽減されます。お部屋を決める際には、どのような環境に位置し、隣の部屋や同じ建物、近所にはどのような人が住んでいるのかを確認、推測してみるとよいでしょう。

 

4.迷われた方へ

大学生協の管理物件では、これまで挙げてきた安心安全のための設備やサービスをとことん網羅したお部屋をご用意しております。大学生協の管理物件に暮らす方は、もちろん東北大学生だけになります。また、万が一の場合に備えて、24時間の監視システムを導入し、管理人が巡回しております。

 

最後になりますが、新生活サポートセンターでは、新入生のご要望に沿えるよう、先輩大学生がお部屋さがしをお手伝いいたします。来場される際には、先輩大学生が対応いたします。ぜひひとり暮らしを始めるにあたり気になることや、先輩が生活してみて感じた不安だったことなど、たくさん質問してみてください!最後までご覧いただきありがとうございました。