みなさんこんにちは!経済学部2年の渡辺と申します。

 

仙台にも春が少しずつ近づき、暖かい季節になりましたね。今年の仙台はほとんど雪が積もることがありませんでしたがそれでも寒暖差の激しい冬だったなと思っています。

 

突然ですが、みなさんは「四季を感じるもの」といったら何を思い浮かべるでしょうか?

それはイベントや食べ物、景色etc…というように万人に通じるものもあれば他の何かを通して感じている方もいるのではないかと思います。

 

今回のブログではそのような四季を感じる何かを個人的な視点からご紹介できればと思っています。できるだけ身近な例を挙げますが、ちょっと細かいお話になってしまったらごめんなさい。

 

「四季を感じるもの」の中で私が常日頃からよく見ているものは「生き物」です。その中でも特に「鳥」を通して四季を感じることがよくあります。

私は大学では「野鳥の会」というバードウォッチングをするサークルに所属しております。様々な鳥を見るために時には仙台だけでなく時には県外へ遠征して観察を行っています。

ご興味があれば是非来ていただけると嬉しいです。

 

それではご紹介していきたいと思います。

 

「春~夏」

春が近づいてくるとツバメがやってきます。かわいいですね。この子達は3月末ぐらいになると仙台にやってきて巣作りをし始めます。5~6月になってくる

と雛も生まれ、巣が賑やかになってきます。9月頃になってくると東南アジアなどの暖かい地域に渡っていくため少しずつ数も減っていきます。ツバメの数や行動だけで春から夏への季節の移り変わりが感じられるのです。

もちろん春を感じられるのはツバメだけではありません。

中にはこんな黄色い鳥や幸せを運んでくれそうな青い鳥もやってきます。

 

「秋~冬」

秋になってくるとカモの仲間が川や沼にたくさんやってきます。秋から冬を日本で過ごして春になると北へ渡っていくのです。

仙台へ来た当初はこんな感じです。あまりぱっとしない色をしていますね。

このようなカモ達ですが、オスは実は12月になってくると…

このような感じで羽が生えかわることできれいな模様や色がついた見た目へと変化するのです。いわゆるイメチェンですね。

 

このような感じで仙台の四季を野鳥の観点から簡単にご紹介していきました!本当はもっといろいろな鳥と季節のつながりをご紹介したかったのですがこれ以上書くとものすごく長い野鳥トークを展開してしまいそうなので野鳥に関する話はここで筆を置くことにします。

 

いずれにせよ、皆さんが仙台で四季を感じる何かの中に「自分なり」の視点を入れてみてはいかがでしょうか?

これから始まっていく日常生活、季節が移ろいゆく仙台という土地の中で皆さんなりの季節の感じ方を加えてみることで更に楽しい学生生活が送れるのではないでしょうか。

 

もちろん、自分なりの視点を持つということは季節に限った話ではありません。

普段の大学生活やサークル活動、その他様々な体験の中で自分なりのこだわりや方向性を持つことができたらその体験が更に深く充実したものになり、自らの個性が形作られていくのではないでしょうか。

 

皆さんがこれから過ごす大学生活がとても楽しく、充実したものになることを願っております。

 

ここまでこのような拙い文章を読んでいただきありがとうございました!

 

はじめまして、東北大学経済学部2年中村翼です。

数ある記事の中からこの記事に訪れてくださってありがとうございます。稚拙な文章が続きますが、どうか最後まで見ていただけると幸いです。

僕の実家は大阪府高槻市にあります。関ジャニ∞の村上くんと一緒です。

「大阪からきました!」と自己紹介すると、「遠いね!」とびっくりされます。そして「なんで大阪から東北大学に?」との質問をよく受けます。

僕の出身高校は毎年京都大学進学者約20名・大阪大学進学者約60名と旧帝国大学進学者が大半を占める高校ですが、東北大学に進学した生徒は4年間でだれひとりとしていませんでした。

地元に大学が沢山ある関西の高校生にとって、関西の大学に進学することは当たり前で、関西から東北地方の大学に進学することは異端ともとれる選択でした。

僕も周りの学生と同じように例外に漏れず現役時は京都大学に出願し不合格。浪人時も京都大学を志望して勉強に励んでいました。

しかし、センター試験に失敗。。

とても京都大学に出願できる点数ではありませんでした。

センター試験後の面談では第一志望を貫くことを推奨されましたが、このセンターの点数で合格できる自信は僕にはありませんでした。

大阪から遠くて知り合いもいない東北の地でほどほどに都会で涼しい「杜の都」仙台で一人暮らしができることが僕にとってはとても魅力的でした。

センター試験後、京都大学の出願を諦めた僕は「仙台で一人暮らしをしてみたい!」気持ちがどんどん強くなっていき、母に東北大学に前期出願したいと伝えました。

「東北まで行って学びたいことでもあるの?」「大阪大学や神戸大学でいいんじゃない?」

母には、反対されました。

東北で一人暮らしをすることにも不安ではありました。

それに一人暮らしには親に膨大な金銭面での負担がかかること、自分が実家を離れて母に寂しい思いをさせてしまうことから、東北大学進学が親不孝であることは自分でもわかっていました。

(親孝行何一つできていない状態で、母に負担をかけてまで東北大に進学する意味はあるのだろうか?)

なかなか出願する大学を決めることができないでいました。

願書締切日前日、悩んでいる僕に対して母は

「子供の幸せは親の幸せ。お母さんもう反対しないから、自分の本当に行きたい大学に出願しなさい。」

この母の言葉に背中を押され、僕は東北大学に出願を決意しました。

そして、東北大学前期合格発表日。。。

自分の受験番号のE1501を見つけたときは嬉しさと達成感で一杯でした。母に伝えると、とても喜んでくれました。

さて、悩みに悩んだ末、進学を決めた東北大学ですが、沢山の友達と周りの環境に恵まれ、僕が東北大学に進学したことを後悔したことは一度もありません。

たまに東北の冬の厳しさに圧倒され、大阪が羨ましく思ったりはしますが笑

(東北大学ってどうなの?)と不安に感じている新入生、保護者さんも東北大学はとても魅力溢れる大学ですので、安心して東北大学でのキャンパスライフを楽しんでいただけたらなと思っています。

p.s

実は合格発表後も、僕の不安な気持ちは消えていませんでした。

(東北大学に進学して本当によかったのだろうか?)(関西以外の学生とうまくやっていけるのだろうか?)

そんな心境でキャリーケースを持って来場した僕に「ひとりで大阪からきたの!?すごいね!」と優しく声をかけてくれたのが新生活サポートセンターの学生スタッフでした。

スタッフさんの優しい一言で今までの抱いていた不安がすっと消えていき、東北大学で学び、仙台で一人暮らしを始めることができる期待が膨らんでいきました。

(僕のように大学生活に不安を抱えた新入生を勇気づけて、助けられるスタッフになりたい!!)

このような思いから新生活サポートセンタースタッフに応募して、今ではセンターの企画・運営に携わっています。

僕も含め、スタッフ全員がスタッフとしてまた東北大学の先輩として自分たちの後輩ともなるみなさんの新生活を支えていきたいという想いでお待ちしておりますので、是非とも気軽に新生活サポートセンターにお越しください!

最後まで御覧いただきありがとうございました。

みなさんとサポートセンターでお会いできることを心待ちにしております。