投稿日:

はじめまして!東北大学法学部3年の飯塚こはくです。

お部屋探しで大切な要素、今回は「設備」についてお伝えします。

設備編では以下の3つのポイントに沿ってお部屋を見てみましょう!

 

  • 部屋の広さ・間取り
  • 基本的な設備
  • 追加コンテンツ

 

 

 

  • 部屋の広さ・間取り

 

まずは間取りや広さを考えましょう。

「どうやって決めたらいいのかわからない」という人は以下の手順で考えてみましょう

Step1 新生活用品を一緒に考える

部屋のスペースはそのまますべて自由に使えるわけではなく、新生活用品を置く分のスペースを考えなければいけません。こたつや勉強机や大きめの家具の分のスペースは特に注意が必要です。そのため、間取りや広さは「必要な家具家電とそれを置く場所」を確認しながら決めると良いです。

Step2 自分の理想の生活を考える

家具家電を置いた具体的な部屋のイメージができたら、次はより自分に合ったお部屋にするために自分の理想の生活を考えましょう。例えば「家はゆっくり過ごせる空間にしたい」「ほとんど寝に帰るだけかも」などです。自分の生活の中で、「家で過ごす時間をどのようなものにしたいか」を考えることで、自分に最適なお部屋が見つかります。

 

  • 基本的な設備

 

まずは生活に欠かせない基本的な設備から確認しましょう

以下がチェックリストです。参考にしてください。

☐ユニットバスor風呂トイレ別

□洗濯機置き場

□エアコン

□収納スペース

 

そして見落としてはいけないのがインターネット環境です。

東北大学では、コロナウイルス感染防止の観点から、現在でも多くの授業がオンライン上で行われています。自宅で授業を受けるため、インターネット環境はとても重要です。

インターネット環境が必要だという要請に応え、新生活サポートセンターではインターネット無料の物件をそろえています。こちらの物件のメリットは、自分でプロバイダ契約等を行う必要がなく、引越し後すぐにインターネット環境が整った状態で新生活を始めることができることです。

 

 

  • 追加コンテンツ

 

②の基本的な設備に加えて「あったらいいな」と思う設備も併せてチェックしましょう。

例えば「一人暮らしで防犯面に不安がある」という人にはモニター付きインターホンがあると心強いでしょう。

そのほかにも以下のようなものがあります。

 

□独立洗面台

洗面台が浴室と切り離して設置されており、身支度をするときに非常に便利です。

□ロフト

ロフトは寝る場所や収納場所にもなるので部屋を広く使うことができ、開放感もあります。

□ベランダ干し

洗濯物を外で干したい人にはおすすめです。

 

また、追加コンテンツとして、上記のものは部屋の設備ですが、建物の設備を考えることも重要です。例えば以下のようなものがあります。

 

□宅配ボックス 

不在中に配達が来ても荷物を保管することができます。

□エレベーター

マンションの中にはエレベーター付きの物件が数件あります。

□エントランスのオートロック

入居者のみが入ることができ、空き巣の被害を防ぐことができます。

 

ここまで設備編で大切な3つのポイントを見てきましたが、生協では家具家電付きの物件も紹介しています。新生活用品をそろえる手間が省け、入居後すぐに新生活を始めることができる点が優れています。

 

まとめ

まずはお部屋の広さや間取りを決めましょう。この時に新生活用品や自分の理想の生活も併せて決めるとより最適なお部屋を選ぶことができます。

次に設備に目を向けましょう。誰にとっても欠かせない基本的な設備はもちろん、自分が特に必要であったり希望するような設備が整っているかも確認しましょう。