投稿日:

こんにちは!東北大学文学部2年の今泉杏梨です!

今日であっという間に9月も終わり、受験生のみなさんはますます受験勉強に力を入れていく時期かと思います。そんな皆さんへ向けて、今回のブログでは先日の「現役東北大生の合格体験記②」「現役東北大生の合格体験記③」に続く合格体験記第4弾として、私が受験生だった頃のことを書かせていただこうと思います。少しでも受験生の皆さんの参考となれば嬉しいです!

○受験区分

一般前期試験

 

○勉強面

各科目の勉強法などもお伝えしたいと思ったのですが、すでに自分に合った勉強法を見つけているよ!という方も多いのではないかと思い、ここでは、10月から2月の前期試験当日までどのような勉強をしていたかという時期的なお話をしていけたらと思います。

このブログを読んでくださっている方の中にもAO入試 II期の受験を考えている方がいらっしゃるかもしれませんが、実は私もAO 入試II期を受験しました。そのため9月下旬から10月末までは、高校の授業とその予習の時間以外はほとんどAO II期の小論文対策や活動報告書などの出願書類の文章を考える時間に充てていました。(この時間配分が後に仇となったので、この時期に少しでも二次試験レベルの問題に触れておけば良かったなと今となっては思います。)

11月になり、前半は11月半ばにあるAOII期の面接試験対策を主に行い、その合間に国立二次試験用の応用問題集を少しずつ進めていました。11月後半に入ってからはその国立二次試験用の問題集をメインにして勉強を進めていたと思いますが、結局AOII期の選考からは漏れてしまってかなり落ち込んでいたため、正直受験勉強には全く身が入っていなかったと思います。

12月からは何とか気持ちを切り替えて、当時のセンター試験対策に全力を注ぎました。ここからセンター試験までは前期試験のような記述問題にはほとんど触れず、マーク式の問題しか解いていませんでした。マーク式の問題ばかり解いていると記述問題が解けなくなってしまうのではと不安に思う方もいるかもしれませんが、ここまでしっかりと二次試験レベルの問題に触れられているのなら(ここ重要!)、そこまで心配することはないと思います!

センター試験が終わってからは、東北大やその他併願校の過去問を解いては見直すというサイクルをひたすらこなしていました。私はここで10月から11月にかけての時間配分のミスが響いてしまい、2月にもなって出願しているほとんど大学の過去問が初見であるという状況に直面し、かなり焦りました。そのため、センター試験対策を始める前までに少しでもいいので志望順位の高い大学の過去問や相応のレベルの問題に触れておいた方が良いと思います!

ここまで受験勉強の時期的なお話をさせていただきました!特にAOII期と一般前期の両方を視野に入れている方の時期感の参考になればと思います!

 

○生活面

日付が変わる前には寝て、最低でも6時間は睡眠を取るということを意識していました。寝る間を惜しんで勉強している友人の話を聞くと、「こんなに寝ている自分は大丈夫だろうか」と焦る気持ちもありましたが、ベストな睡眠時間は人によって違うから仕方ないと言い聞かせていました。他にも周りと比べて焦ったり落ち込んだりすることがありましたが、その度に「他人は他人、自分は自分」、「受ける大学が違うのだから比べたって仕方ない」と言い聞かせていました。(行き過ぎると、自分の中での言い訳になってしまうので要注意!)

 

○受験前日・当日

仙台にはお寿司や牛タンなどたくさんおいしいものがありますが、受験前日にお寿司を食べて当日にお腹を壊したという経験談を聞いたことがあったので、受験前日の夕食には消化の良いうどんを食べました。また、参考書を開いても焦るだけだと思い、あまり勉強はせず、ホテルではテレビを見たり湯船にゆっくり浸かったりなど、とにかくリラックスすることを心がけました。

前日の行動が功を奏したのか、受験当日の朝はすっきりと目覚めることができました。しかし、眠くならない程度に朝ごはんを食べたところで事件が起こります。なんとセンター試験の受験票を忘れてきてしまったのです(二次試験では二次試験の受験票とセンター試験の受験票の両方を持っていかなければなりませんでした)。宮城県外の自宅に置いてきてしまっていたため取りに帰れるわけもなく、泣きそうになりながらとりあえず受験会場へ向かいました。最終的には仮の受験票を発行してもらうことができたので事なきを得ましたが、焦りと不安に駆られてどうにかなりそうだったので、ぜひ皆さんには持ち物の確認は何度も行なってほしいと思います!

 

○最後に

合格体験記第4弾、いかがでしたでしょうか?正直、参考になるような話ができたか自信はありませんが、受験は千差万別なので、「そんな先輩もいたのね」くらいの軽い気持ちで読んでいただけると嬉しいです!

また、私がセンター試験の受験票を忘れたように(そんな人ほとんどいない)、受験期にはトラブルに見舞われることも多々あるかと思います。ですが、そんなトラブルも受験当日には「あれもこれも乗り越えてきたのだから大丈夫!」と皆さんの自信につながっているはずです。今頑張っている皆さんに、それぞれの春が訪れることを心から願っています!

最後までお読みいただきありがとうございました。